人生にゲームをプラスするメディア

『シアトリズム DQ』は、すぎやまこういち再監修の音源を使用…アリーナなどの登場キャラも公開に

任天堂 3DS

『シアトリズム DQ』は、すぎやまこういち再監修の音源を使用…アリーナなどの登場キャラも公開に
  • 『シアトリズム DQ』は、すぎやまこういち再監修の音源を使用…アリーナなどの登場キャラも公開に
  • 『シアトリズム DQ』は、すぎやまこういち再監修の音源を使用…アリーナなどの登場キャラも公開に
スクウェア・エニックスは、3DSソフト『シアトリズム ドラゴンクエスト』の公式サイトを正式オープンしました。

これまでの『シアトリズム』シリーズでは、『FF』の楽曲が楽しめるものがリリースされてきましたが、その最新作となる『シアトリズム ドラゴンクエスト』では、『ドラクエ』シリーズがモチーフとなり様々な名曲がリズムゲームとして楽しめます。

『ドラクエ』シリーズ初のリズムゲームとなる本作には、『I』から『X』までの楽曲を厳選して収録。しかも、すぎやまこういち氏が再監修したこだわりの音源が使用されるので、『ドラクエ』ファンにはたまらない一作と言えるでしょう。

公式サイトの正式オープンに合わせ、登場するキャラクターやモンスター、そしてゲームシステムが公開されました。『I』の主人公である「ロトの血を引く者」や『II』の「ローレシア王子」、『IV』の「アリーナ」など、お馴染みのキャラクターたちが『シアトリズム』のグラフィックに生まれ変わってお披露目されています。もちろん、「スライム」や「ドラキー」、「キラーマシン」などシリーズお馴染みのモンスターも姿を見せており、どのような冒険が待ち受けているのか早くもプレイ意欲をそそります。

またゲームシステムのページでは、『シアトリズム』シリーズを知らない方に向けた基本的なゲーム紹介などが記載されているので、興味がある方はチェックをどうぞ。本作の基本となるモードのひとつ「チャレンジモード」に関する説明も画像と共に公開されているので、お見逃しなく。

『シアトリズム ドラゴンクエスト』は2015年3月26日発売予定。価格は、5,800円(税抜)です。

(C) 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO
Developed by indieszero Co., Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る