人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、自由に形状を設計できる新型ディスプレイを採用へ 次世代機や睡眠測定器に採用か

任天堂 その他

シャープがCEATECに出展していたフリーフォームディスプレイ
  • シャープがCEATECに出展していたフリーフォームディスプレイ
  • 自由な形状をデザインできる
時事通信によれば、シャープは形状を自由に設計できる新型の液晶ディスプレイを2016年初め頃から量産し、任天堂に供給する方向になったとのこと。採用第1号で、任天堂は新型の携帯ゲーム機か睡眠状態を自動測定する機器に使われる見込みだと伝えられています。

シャープが開発した自由な形状をデザインできる「フリーフォームディスプレイ」(FFD)は、IGZO技術と独自の回路設計によって実現されたもの。従来の液晶ディスプレイは駆動用回路をフレームに配置していたため、四角形の形状が一般的でしたが、新型ディスプレイでは回路を液晶内部に埋め込むことで、ほぼフレームレスで、自由な形を実現しているとのこと。

今年10月に開催されたCEATECでは2017年を目標に実用化を目指すとしていましたが、前倒しになった模様。任天堂はディスプレイの中心に穴を空けるようなことも検討しているそう。どのような使われ方をするのか興味が尽きませんね。

ニンテンドー3DSが発売されたのは2011年で、2016年には6年目を迎えますので次世代機というのは真実味のある話です。また、新たな健康事業の第一弾として任天堂が展開しようとしている睡眠を測定する機器は2015年中に発売するとしています。

《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  9. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top