人生にゲームをプラスするメディア

SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け

ソニー PS4

SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
  • SCE、家庭用ゲーム機が“解禁”された中国でカンファレンスを開催!現地からレポートをお届け
11日に中国・上海にあるMercedes-Benz Arenaにて、ソニーコンピューターエンターテイメント(SCE)によるプレス向けカンファレンスが行われました。

中国といえば、今年5月に14年ぶりに家庭用ゲーム機の解禁が中国当局より認められ、強豪であるMicrosoft社のXbox Oneが9月に発売をされたばかりです。Xbox Oneを追撃する形での今回の発表ですが、気になるPS4の発売日は2015年1月11日に決定。価格は2,899中国人民元。また、同日にPS Vitaも1,299中国人民元にて発売。あわせて中国国内限定デザインのPS4/PSVitaの本体デザインも予定しているとのことです。中国政府が上海に設ける経済特区「上海自由貿易試験区」にて家庭用ゲーム機およびタイトルの販売・制作を行います。

参入予定ソフトウェアメーカーも一部発表され、スクウェア・エニックスやコーエーテクモゲームスなど日本企業も多く参入する予定。

中国ではビデオゲームの暴力表現などによって国民のメンタルヘルスが損なわれることを懸念して、2000年6月に正式に国内でのゲーム機の製造、販売を禁止しています。しかし、スマートフォンでゲームアプリを楽しむ若者が増加、ゲームに対する印象が変わりつつあるという事情もあるようです。これらのゲームアプリは従来の「ゲーム」とは見なされておらず、楽しむこと自体は合法とされていました。

昨年9月に設置された経済特区「上海自由貿易試験区」内にて生産された商品に限り、販売が可能となり、Microsoft社のXbox Oneは既に中国全土にて発売され、中国電機大手の華為技術とTCL集団も家庭用ゲーム機に参入が予定されているようです。

カンファレンスの詳細は追ってお送り致しますので、乞うご期待ください。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4システムソフトウェア「4.07」を配信…約3週間ぶりに実施

    PS4システムソフトウェア「4.07」を配信…約3週間ぶりに実施

  2. 海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

    海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

  3. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  4. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  5. 『龍が如く6 命の詩。』プロローグが公開、桐生はいかにして広島へ足を踏み入れるようになったのか…

  6. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』発売日決定!特典情報も

  7. 『スクールガールゾンビハンター』では“使用済み下着”もデコイにできる!謎の男「レン」や恐怖の「コピーゾンビ」なども公開

  8. 『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

  9. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

  10. 5分でわかる『サガ スカーレットグレイス』―ストーリーからシステムまで網羅!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top