最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円

空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円

2014年12月5日(金) 14時33分
  • 空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円の画像
    空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円
  • 空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円の画像
    空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円

ドゥモアは、空中に浮かぶホバーボード「HENDOホバーボード」を国内向けに販売します。

「HENDOホバーボード」は、米HENDO HOVER社が製作した次世代ホバーボードで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に登場する宙に浮くスケートボードのような商品です。特殊な地場を発生し浮遊させる仕組みになっており、アルミニウムや銅など、伝導性のある物質の上で2.5センチほど浮遊します。



もともとこの製品は、「Kickstarter」におけるクラウドファンディングで目標金額を超える48万ドルを集めており、それがドゥモアによって国内でも販売されることに。また、研究開発者向けに、「HENDOホバーボード」のコア技術である「マグネティック・フィールド・アーキテクチャー(MFA)」に基づいた小型エンジン開発キット「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」も販売されます。

「HENDOホバーボード」は2015年10月出荷予定で、価格は130万円(税別)。「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」は2015年7月出荷予定で、価格は15万円(税別)です。なお、ドゥモア・ショップにて予約受付中です。

■「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」仕様
本体サイズ:25×25×12cm
エンジン厚み:11.5×5cm
浮上距離:1~1.5cm
電池持続時間:10~15分
充電時間:1~2時間
本体重量:4.5kg
最大積載量:3 kg

■販売概要
開発:米HENDO HOVER社 http://www.hendohover.com
販売:ドゥモア
予約受付開始:2014年12月4日
販売方法:ドゥモア・ショップ http://domore.shop-pro.jp/
「HENDOホバーボード」価格:130万円(税別)出荷開始予定 2015年10月
「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」価格:15万円(税別) 出荷開始予定 2015年7月

(Article written by すしし)
評価の高いコメント
  • 2015年8月5日 23:43:16 ID: brFOT41rTKha
    2 バイク乗りさん
    通報する

    どこでも浮けるなら欲しいけどね。
    出来る事が少なすぎて5分で飽きそう。

  • 2014年12月5日 20:34:01 ID: dZjY9DRi4ptd
    1 智a.k.a毒乃闘争心さん
    通報する

    かっこいいwww.欲しいwww.

  • 2015年10月27日 14:48:18 ID: zTQIWnvq4NbJ
    6 うんさん
    通報する

    銅・アルミ面限定ってw ほぼ鉄道ですねw 鉄じゃ導電率低くてダメなんだろうけど。X-gameスタジオ限定の競技専用として面白いかもね。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

その他アクセスランキング