人生にゲームをプラスするメディア

セガの新型「UFOキャッチャー」は、タッチパネル液晶画面で台がキープ可能!さらに4面パネルが透明に

その他 アーケード

筐体
  • 筐体
  • タッチパネル液晶画面
  • 前後の高さ調整、左右の高さ調整、角度調整
  • 『UFOキャッチャー9』ロゴ
セガは、11月20日より、『UFOキャッチャー9』を順次稼動すると発表しました。

『UFOキャッチャー9』は、前後左右のパネル4面がすべて透明になり、プライズの魅力が今まで以上に伝わりやすくなったUFOキャッチャーです。4面のパネルが透明になったことで、フィールドレイアウトの自由度が高まっただけでなく、LED照明でプライズを明るく照らして、その魅力を伝えます。

◆『UFOキャッチャー9』


・名称:UFO CATCHER 9
・ジャンル:プライズ
・稼働日:全国のアミューズメント施設にて11月20日~
・プレイ人数:1~2 人

■透明感アップ
フロントの柱がなく、背景パネルも透明となりました。プライズを様々な角度から閲覧できます。

■多彩なフィールドレイアウト
高さを前後で調整可能。前面は、左右別々に高さ調整が容易になっています。段差を利用したレイアウトなども可能で、プライズの形状に応じた多彩なレイアウトができます。

■初搭載!タッチパネル液晶画面
コントロールパネル上に、液晶タッチパネルを配置。プレイを続けるため、両替に行きたい時に自分の台をキープ出来たり、残り時間の表示、ワンポイントアドバイスを表示できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


魅力あるプライズの存在に加え、プライズを自由にレイアウトできる汎用性やシンプルな操作性で、1985年に第一弾の「UFOキャッチャー」登場して以来、高い人気を保っているUFOキャッチャー。『UFOキャッチャー9』は、来年30周年を迎える「UFOキャッチャー」シリーズの記念すべき1台となりそうです。

(C)SEGA
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

    狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  2. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

    中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  5. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  6. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  7. “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

  8. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  9. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  10. 『GRAVITY DAZE』キトゥンが再びfigma化―新パーツで最新作のシーンを再現可能

アクセスランキングをもっと見る