人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言

その他 全般

レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
  • レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
  • レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
11月27日に、『白騎士物語 ?光と闇の覚醒-』を紹介するSCE公式の番組がニコニコ生放送にて実施されました。

PS3にリリースされた『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』は、オンラインとオフラインの両面を楽しめる幅広さを持った本格的RPGとして登場し、当時大きな話題を呼びました。現在PS Plusにてフリープレイの対象になっており、残念ながら今はもうオンラインで遊ぶことはできませんが、充実しているオフライン要素を手軽に楽しむことができます。

フリープレイで遊べる『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』をより多くのユーザーに知ってもらうため、SCE公式による生放送が実施。本作のプロデューサーである本村健太郎氏やPR担当の北尾泰大氏が当時の思い出を振り返ったり、実際に本作をプレイする様子などが綴られました。

またゲストとして、レベルファイブの代表取締役社長を務める日野晃博氏も登場。レベルファイブは、シリーズを通して『白騎士物語』の開発に携わっており、「ただのファンタジーだと面白くないので“変身”を取り入れました。あのかけ声はちょっと…とか言われましたが、“バカ、違うよ。変身だからいいんだろ”と(笑)」など、本作の制作に関するこぼれ話などを語ってくれました。

その雑談の中で日野氏は「PS4のゲームを作ろうとしています」と、視聴者を驚かせる不意打ち発言も口にします。詳しい話は明かされませんでしたが、PS4にゲームをリリースするために動いていると感じられるコメントを告げ、「だからこそあまり喋れないんですよ」と少し困りながらも、「スゴイものを作りたいんです」「『白騎士』を超えるようなものを」など、将来の展望を力強く述べる姿が印象に残る生放送となりました。

「来年のE3辺りで…」といった日野氏の意味深な一言もあり、来年のゲーム業界への期待も高まるばかり。レベルファイブが、そして業界全体が、どのような刺激溢れるタイトルを登場させるのか。新たな発表を、楽しみにしておきましょう。

(C) Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  3. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

    「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  4. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  5. 『ストリートファイター』の筋トレグッズ発売決定、鍛練次第であの技を習得できるかも!?

  6. 【昨日のまとめ】美少女プラモデルの歴史書が発売、MD&銃型コントローラーでプレイする「スプラトゥーン ハック!」、“結月ゆかり”が等身大フィギュアに…など(6/25)

  7. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  8. 「ガンダム サンダーボルト」音楽・菊地成孔がソロライブ開催…ガンダムサウンドがフリージャズに変貌

  9. アニメ「妖怪ウォッチ」米国ディズニーXDで第2シーズン突入

  10. DMM電子書籍にて「機動戦士ガンダム」25%ポイント還元キャンペーンが開催中、対象は489冊

アクセスランキングをもっと見る

page top