人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言

その他 全般

レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
  • レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
  • レベルファイブ、PS4へのタイトルリリースを示唆 ─ 日野晃博氏「『白騎士』を超えるものを」など発言
11月27日に、『白騎士物語 ?光と闇の覚醒-』を紹介するSCE公式の番組がニコニコ生放送にて実施されました。

PS3にリリースされた『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』は、オンラインとオフラインの両面を楽しめる幅広さを持った本格的RPGとして登場し、当時大きな話題を呼びました。現在PS Plusにてフリープレイの対象になっており、残念ながら今はもうオンラインで遊ぶことはできませんが、充実しているオフライン要素を手軽に楽しむことができます。

フリープレイで遊べる『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』をより多くのユーザーに知ってもらうため、SCE公式による生放送が実施。本作のプロデューサーである本村健太郎氏やPR担当の北尾泰大氏が当時の思い出を振り返ったり、実際に本作をプレイする様子などが綴られました。

またゲストとして、レベルファイブの代表取締役社長を務める日野晃博氏も登場。レベルファイブは、シリーズを通して『白騎士物語』の開発に携わっており、「ただのファンタジーだと面白くないので“変身”を取り入れました。あのかけ声はちょっと…とか言われましたが、“バカ、違うよ。変身だからいいんだろ”と(笑)」など、本作の制作に関するこぼれ話などを語ってくれました。

その雑談の中で日野氏は「PS4のゲームを作ろうとしています」と、視聴者を驚かせる不意打ち発言も口にします。詳しい話は明かされませんでしたが、PS4にゲームをリリースするために動いていると感じられるコメントを告げ、「だからこそあまり喋れないんですよ」と少し困りながらも、「スゴイものを作りたいんです」「『白騎士』を超えるようなものを」など、将来の展望を力強く述べる姿が印象に残る生放送となりました。

「来年のE3辺りで…」といった日野氏の意味深な一言もあり、来年のゲーム業界への期待も高まるばかり。レベルファイブが、そして業界全体が、どのような刺激溢れるタイトルを登場させるのか。新たな発表を、楽しみにしておきましょう。

(C) Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  5. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  6. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  7. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

  8. 『GRAVITY DAZE 2』の「グラビティ・クロウ」がfigma化!相棒の「クスィ」や仮面も付属

  9. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  10. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

アクセスランキングをもっと見る