人生にゲームをプラスするメディア

12月4日の「アメトーーク!」は「ドラゴンクエスト芸人」! 『ドラクエヒーローズ』アリーナ役のしょこたんも出演

その他 全般

12月4日の「アメトーーク!」は「ドラゴンクエスト芸人」! 『ドラクエヒーローズ』アリーナ役のしょこたんも出演
  • 12月4日の「アメトーーク!」は「ドラゴンクエスト芸人」! 『ドラクエヒーローズ』アリーナ役のしょこたんも出演
テレビ朝日系列で放送している「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」にて、日本を代表するRPGのひとつ『ドラクエ』をテーマに掲げた「ドラゴンクエスト芸人」が12月4日に実施されます。

お笑い芸人コンビ「雨上がり決死隊」が司会を務め、多彩なゲストを招いて繰り広げる個性的なトークを多くの視聴者が楽しんでいる「アメトーーク!」。近年では、特定のテーマに詳しい、または関連する芸人を集めての「家電芸人」「ガンダム芸人」などの企画が好評を博し、今日まで様々なテーマを元にしたトークを展開してきました。

その「アメトーーク!」のテーマに、国民的RPGとして長年愛され続けている『ドラクエ』をピックアップした、「ドラゴンクエスト芸人」の放映がこのたび明らかとなりました。出演陣は、『モンスターハンター』シリーズ好きでも知られている麒麟の川島さんや、「機動戦士ガンダム 第07板倉小隊」でもお馴染みのインパルス・板倉さんなど、日頃からゲーム好きが明かされている人から意外なメンバーまで、錚々たる面子が登場します。

また芸人以外では、こちらもゲーム&アニメ好きで知られている中川翔子さんも登場予定。『ドラクエ』シリーズにも強い思い入れを持つと共に、シリーズ最新作となるPS4/PS3ソフト『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』ではアリーナ役の声優としての出演も決まっており、今『ドラクエ』を語る上では欠かせない人物のひとりと言えるでしょう。

放送内容として、「会心のドラクエあるある」「痛恨のドラクエあるある」「どのキャラ選ぶ?名前は?」「このシナリオに泣いた」「朝までドラクエ?」などが用意されており、『ドラクエ』経験者には慣れ親しんだ話題やネタが飛び交う1時間となりそうです。放送日時は、12月4日の23時15分から。『ドラクエ』ファンの方は、どうぞお見逃しなく。

◆「アメトーーク!」ドラゴンクエスト芸人


【出演者】
■MC:雨上がり決死隊
■ゲスト(敬称略):ケンドーコバヤシ/中川翔子/ドランクドラゴン塚地/バッファロー吾郎・竹若/麒麟・川島/スピードワゴン小沢/インパルス板倉/東京ダイナマイト・ハチミツ二郎

【放送日時】
■放送日:2014年12月4日(木)
■時刻:23:15 ~ 0:15

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


(C)tv asahi
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アカウント停止の基準が判明、『ガンヴォルト』誕生秘話「目標本数はない、だから好きに作れ」、『ゲームスタート時に貰えるポケモン』TOP10…など(8/30)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アカウント停止の基準が判明、『ガンヴォルト』誕生秘話「目標本数はない、だから好きに作れ」、『ゲームスタート時に貰えるポケモン』TOP10…など(8/30)

  2. 新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』登場?―他にも往年のゲームハードが…

    新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』登場?―他にも往年のゲームハードが…

  3. 実写ドラマ「アイドルマスター.KR」韓国でメディア発表会開催…「放送が終わっても成長し続ける」

    実写ドラマ「アイドルマスター.KR」韓国でメディア発表会開催…「放送が終わっても成長し続ける」

  4. 「ゼーガペイン」10周年記念プラモ予約受付開始!積層化QLフルチャージ状態を限定クリアカラーで再現

  5. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  6. 「ガルパン」「花とアリス」「同級生」「百日紅」 4作品同時オールナイト上映の開催が決定

  7. コラボフィギュア「エヴァ2号機」×「シン・ゴジラ」出現!“ビーストモード”にゴジラの迫力が融合

  8. セガ、『DIVA AC』『CHUNITHM』『maimai』連動キャンペーン開始! 相互プレイで多彩なアイテムをゲット

  9. ついに“レトロゲーム専用家具”が登場!「ファミカセチェスト」は288本のソフトが収納可能

  10. 「こち亀」メモリアルDVD-BOX発売…ファンが選ぶ傑作エピソード“40話”収録

アクセスランキングをもっと見る

page top