人生にゲームをプラスするメディア

『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開

任天堂 3DS

『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
  • 『七つの大罪 真実の冤罪』小山力也さん演じる「ザラトラス」が登場するオリジナルストーリーが展開
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『七つの大罪 真実の冤罪(アンジャスト・シン)』の最新情報を公開しました。


講談社の週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「七つの大罪」は現在11巻まで発売され、コミックスの累計発行部数は500万部を突破。また待望されていたTVアニメも、今年の10月5日から放映を開始し、こちらも好評を博しています。

そんな「七つの大罪」のゲーム化となるニンテンドー3DSソフト『七つの大罪 真実の冤罪』は、「七つの大罪」の魅力を体感できるアクションアドベンチャーとして登場します。原作を忠実に再現したゲーム展開が楽しめるのはもちろんのこと、なんと原作者である鈴木央氏監修によるゲームオリジナルストーリーも展開します。

◆本作の概要


■原作を忠実に再現したゲーム進行

仲間を集めるメリオダス達に〈七つの大罪〉ゴウセルが加わる時点まで、ストーリーは原作と忠実に再現します。

■原作者・鈴木央氏監修のゲームオリジナルストーリーが大展開

ゲーム後半では、原作者の鈴木央先生氏監修のオリジナルストーリーが展開され、ゲームだけの冒険が楽しめます。

本作独自のオリジナルストーリーでは、〈七つの大罪〉が王国を追われる起因となったギルサンダーの父であり元聖騎士長ザラトラス(CV:小山力也さん)が登場。10年前に亡くなったザラトラスがなぜ現れたのか、どのように物語に絡んでくるか。興味と関心が募るばかりです。

■アクションもアドベンチャーも、フルボイスで物語を盛り上げる

原作ストーリーからオリジナルストーリーまで、ボリューム満点のフルボイスを実現。アニメとは一味違った演出で、様々なストーリーが楽しめます。アクションパートでのボイスも必聴です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『七つの大罪 真実の冤罪(アンジャスト・シン)』は、2015年2月11日発売日予定。価格は、5,690円(税抜)です。

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る