最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

ゲーム流通大手のハピネット、任天堂の据置機は成長、携帯機は伸び悩み

ゲーム流通大手のハピネット、任天堂の据置機は成長、携帯機は伸び悩み

2014年11月20日(木) 17時03分
  • 2015年3月期 第2四半期の決算報告よりの画像
    2015年3月期 第2四半期の決算報告より
  • 2015年3月期 第2四半期の決算報告よりの画像
    2015年3月期 第2四半期の決算報告より

ゲーム流通大手のハピネットは2015年3月期 第2四半期の決算報告で、同社が取り扱う任天堂やソニーの取扱高についても報告をしています。

それによれば、任天堂の据置機は前年同期比23.5%の伸び、一方で携帯機は19.3%の減少でした。ソニーの据置機は37.6%の減少、携帯機は4.6%の減少でした。ただし、ハピネットは任天堂流通の約25%を占めると言われますが、ソニー系列のシェアは極僅かと見られ、これが市場全体の動向を示すものとは必ずしも言え無さそうです。

商材別では任天堂の据置機のハードが9.4%減少、ソフトが54.9%増加、アクセサリーが64.4%増加でした。携帯機はハードが48.6%の大幅減少、ソフトが6.9%の増加、アクセサリーが33.8%の減少。合計の売上高は152億円で、伸び率は▲12.5%。

任天堂関連では据置機が伸び、携帯機が伸び悩んでいるという任天堂の説明が、流通の数字でも示された形です。

任天堂関連商材の動向


プレイステーション関係は据置機のハードが50.2%の増加、ソフトが56.4%の減少、アクセサリーが32.2%の減少。携帯機はハードが17.2%の減少、ソフトが3.3%の増加、アクセサリーが50.5%の減少。全体の売上高は28億円で、前年同期比▲20.3%。

プレイステーション関連商材の動向

(Article written by 土本学)
評価の高いコメント
  • 2014年11月20日 17:41:48 ID: niTq2eSNzpLd
    1 なまえがありませんさん
    通報する

    3DSは円熟期だな
    WiiUはこれから先も伸びてって欲しいとは思うけど来年以降のソフトの弾にもよるなあ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング