人生にゲームをプラスするメディア

記野直子の『北米ゲーム市場分析』2014年10月号―発売1周年を迎えたPS4とXbox One

ゲームビジネス 市場

(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • 記野直子の『北米ゲーム市場分析』2014年10月号―発売1周年を迎えたPS4とXbox One
  • 記野直子の『北米ゲーム市場分析』2014年10月号―発売1周年を迎えたPS4とXbox One

こんにちは。2014年も残り2か月を切りました。北米では、ハロウィンに始まり、サンクスギビング、クリスマスへと続く大きなホリデーシーズンの真最中です。今月でPS4とXbox Oneは北米での発売から1年が経ちました。

それでは、10月の北米セールスデータの速報を報告します。

■市場全体動向―9月よりも市場規模が縮小

10月の北米の市場規模総額は前年比ほぼ横ばいマイナス1%とのこと、昨年の売上データから推測して約7億9千万ドル(約915億円)の規模でした。10月は本来年末商戦のアツい時期であるにも関わらず、9月よりも市場規模が縮小しています。

ハードウェア売上に注目すると、前年の1億7,170万ドル(約200億円)から59%アップの2億7,350万ドル(約317億円)。ただし、9月に売り上げた4億3,270万ドル(約460億円)はこちらも上回れていません。

ソフトは前年4億8,260万ドル(約560億円)から3億5,030万ドル(約400億円)へ27%ダウン。こちらも前月の4億8,120万ドル(約558億円)と比較しても縮小がみられます。詳しくはソフトのところで解説します。

■ハード動向―PS4ブッチ切り、でもマイクロソフトのキャンペーンはすごいぞ!

10月もPS4がXbox Oneを押さえて売上ナンバーワンハードにおさまりました。発売から続くPS4優位と100万台以上のインストールベースの差を考えると、そろそろPS4が「ブッチ切りです」と言いたいところです。

一方マイクロソフトは先月末に「11月2日からXbox Oneの値段を50ドル下げます!」と発表しました。これにより、Kinectナシで350ドル、Kinectバンドルで450ドルということになります。ただし、これはホリデーシーズン限定でかつ米国のみのキャンペーン。このホリデーシーズンの間にXbox OneがどれだけPS4に食い下がっていけるか、またまたドラマチックな演出が北米では準備されていましたね!


10月を終えてPS4/Xbox One両プラットフォームは発売1周年を迎えたことになります。NPDによると、PS4/Xbox Oneのローンチ後一年間の売上はPS3/Xbox 360が発売後1年間の売上を70%も上回るものだったようです。上記Xbox Oneの施策もそうですし、PS4のイケてる感を考えると11月、12月の年末商戦後半も引き続き期待できそうです。

ひとつだけ気がかりはWii U。10月単月で7万台弱の売上との報告、ソフトが続々と出てきているのですが、月当たり6ケタの台数を売り続けているPS4、Xbox Oneとは売上台数のケタが違います。

■ソフト動向―国産の『スマブラ』や『サイコブレイク』がTOP3に

ソフト売上は前年比27%ダウンとのこと、北米もマーケットが縮小しているのか?と思ってしまいがちですが、NPDのデータにはオンライン購入のデータは含まれていませんから、これだけを見て「北米市場縮小か?」と判断するのはあまりにせっかちでしょう。

ソフトをオンラインで購入する際に使用するいわゆる「プリペイドカード」が10月には過去最高の売上を記録したとのニュースを見ると、北米ではゲームをパッケージではなくダウンロードで買うのが「普通」になっているようです。実際に北米のパブリッシャーも、DLCのみならずフルゲームダウンロードの売上が飛躍的に伸びていると語っています。

『Destiny』の5ユーザー中1人はデジタルダウンロードで購入している、とのレポートもありました。北米ではゲームを購入するには遠くまで運転してゲームを買いに行くかAmazonなどを使って送ってもらうか、そしてダウンロードをするかの選択があるのですが、パッケージではなくダウンロードしてソフトをゲットするケースが増えてきているのは事実のようです。

10月度のソフトウェアランキングを見てみます。

1. NBA 2K15 (PS3/PS4/X360/X1/PC) - 2K Games
2. Super Smash Bros. for 3DS (3DS) - Nintendo
3. The Evil Within (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Bethesda Softworks
4. Borderlands: The Pre-Sequel (PS3/X360/PC)
5. Destiny (PS3/PS4/X360/X1) - Activision Blizzard
6. Skylanders Trap Team (PS3/PS4/360/X1/WiiU/3DS/Mobile) - Activision Blizzard
7. FIFA 15 (PS3/PS4/360/X1/Wii/3DS/PSV) - Electronic Arts
8. Madden NFL 15 (PS3/PS4/X360/X1) - Electronic Arts
9. Middle-Earth: Shadow of Mordor (PC/PS4/X1) - Warner Bros. Interactive
10. Minecraft (X360/PS3/PS4) - Microsoft/ Sony Computer Entertainment

『NBA 2K15』、『FIFA 15』、『Madden NFL 15』などの定番スポーツゲーム最新作が3つ入っています。スポーツゲームが売れるところも北米市場の特徴です。ある程度販売が約束されているので、スポーツリーグにライセンス代を払っても、メーカーにとっては毎年発売し続ける意義のあるソフトなのでしょう。

9月に発売された任天堂の『Super Smash Bros. for 3DS』が2位に入っていますが、このソフトがすごいところは、他にランキングされているタイトルがすべてマルチプラットフォームだということ。3DSというシングルプラットフォームタイトルにも関わらず、この年末商戦で2位にランクインするところは、やはり任天堂ソフトの底力はすごいなと再認識。北米で発売されて100万本超の3DSタイトルはこれで10本目だそうで、9月、10月合わせて120万本以上売り上げました。


日本製大型ホラータイトル『The Evil Within(サイコブレイク)』が発売されました。続編ではないオリジナルのホラーIPとしての初月売上が新記録達成とのこと、久しぶりに誇らしいニュースです。『バイオハザード』シリーズに次ぐ日本発の大きなIPとして育ってほしいものです。

実際に、最近の北米ソフト売上ランキングで、日本発のサードバーティタイトルがTop3に入るのを久しぶりに見ました。これを機に国産タイトルが海外マーケットで席巻することを願ってやみません。

ちなみに、Insomniac GamesがXbox One独占タイトルとして製作した『Sunset Overdrive』は10月28日に発売されたため10月の売上としてはあまりカウントされていませんが、SKU別(プラットフォーム別)売上で見ると第9位だそうで、状況は悪くないようです。限定色ホワイトXbox Oneとのバンドル販売も好評のようですから11月のランキングを待ちましょう。

■ 年末商戦のラインナップはこれから!

NPDによると、10月に発売になったソフトの10月売上への貢献度が昨年より低いとのこと。これは前月以前に発売になったタイトルが売れ続けていて、この月に発売されたタイトルのブースト感がないことも特徴であったようです。

年間の売上中Q4(第4四半期10月~12月)が全体の約50%を稼ぎ出すと言われます。年末商戦、それは初夏のE3からの流れでプロモーションをしていたソフトメーカーの決戦の場です。いいものをいい形で出していっぱい売りたい!その本番はこれから!11月から怒涛のタイトルラッシュが続いています。

11月4日に北米で発売になった『Call of Duty: Advanced Warfare』。『Halo: Master Chief Collection』や『Assassin's Creed Unity』などなど、大型タイトルシリーズの続編として発売され、結果はこれから!北米は年末までまだまだアツいです。

それでは、また来月!

(C)Getty Images
《記野直子》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

    新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  4. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  5. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  6. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  7. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 自動LOD生成ミドルウェア「Simplygon」、第5世代をリリース ― 5月にデモツアー

  10. 【ゲームラボ・カンファレンス東京】グローバル化、それでも異なるゲームデザイン~日米欧パネルディスカッション

アクセスランキングをもっと見る