人生にゲームをプラスするメディア

『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明

ソニー PS4

『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
  • 『GE2 レイジバースト』螺旋の樹や新アラガミ「シルキー」、キャラ育成システムなど新情報が続々到着、PS4版の仕様も判明
バンダイナムコゲームスは、PS4/PS Vitaソフト『GOD EATER 2 RAGE BURST』の最新情報を公開しました。


発売日も決定し、アラガミとの新たな戦いが幕を開ける来年2月を待ち遠しく思っている方も多いことでしょう。前作『GOD EATER 2』の物語も収録し、またPS4への初進出も果たす本作は、シリーズファンはもちろんのこと新規ユーザーにとっても『GOD EATER 2』シリーズを心ゆくまで楽しむことができる一本です。

本作の舞台となる「螺旋の樹」とそれにまつわる物語には、様々な背景や登場人物が絡んできます。また同時にプレイヤーたちを待ち受ける危険な戦場でもあり、新たなアラガミの登場も相まって刺激たっぷりの戦いが本作でも待ち受けているのです。そんな本作の最新情報を見逃すことなくチェックし、来るべき激戦の日々に備えておきましょう。

◆PS4版の仕様を大公開


■高解像度画面でより迫力あるバトルが堪能できる

PS4版では、高解像度画面でより迫力あるバトルが堪能できます。また大画面を活用できる分、UI配置もスッキリした印象を受けます。心置きなくバトルに集中できるでしょう。

■デュアルショック4のスピーカーからオペレーター無線ボイスが
戦場でのNPCボイスはこれまで通りモニターから流れますが、オペレーターの無線ボイスはコントローラーから再生することもできるのです。臨場感がアップすること間違いなし。

■5.1ch対応で、より臨場感ある戦場の音響が楽しめる
5.1chのサラウンドシステムに対応。対応音響設備があれば、後衛のキャラクターの声が後ろから聞こえたり、周囲のアラガミの足音が感知できたり、まるで戦場の中に放り込まれたような圧倒的な臨場感を味わえます。

◆螺旋の樹開闢作戦」のカギを握る新キャラクター


■アイザック・フェルドマン(CV:安元洋貴さん)
年齢:29歳/身長:190cm

フェンリル情報管理局の局長であり、フェンリルにおける情報統制や広報活動の総責任者。螺旋の樹の接収と監視を行うべくフェンリル本部より極東支部へと派遣された。リヴィの様々な神機に適合できる才能を見出し、アラガミ化した神機使いを介錯する職務に就かせている。

◆「RAGE BURST編」で探索する「螺旋の樹」内部は大量のフィールドが存在する多階層構造!?



今作の新ストーリーの舞台となる「螺旋の樹」。その内部を探索していく中で、多数のフィールドが登場します。螺旋の樹内部だけで数十のフィールドが次々登場するとのこと。ブラッドはこの螺旋の樹内部の新たなフィールドを少しずつ開拓しながら、上位階層を目指し探索していくことになります。

■「螺旋の樹」外縁部

ある種神聖な独特の雰囲気を放つ、柔らかな陽光が差し込む静寂なフィールド。随所に存在する樹の根のような部分には、「螺旋の樹」が様々な物体を取り込みながら巨大化したことを象徴するようにいくつもの人工物が突き出ているのが確認できます。

■「螺旋の樹」地階層

一変、暗くおどろおどろしい雰囲気が立ち込め、斑点状に青い物質が広がっており、「螺旋の樹」自体が何かの病に侵されてしまったかのように見えることも。

■「螺旋の樹」中位階層

上位階層に行くにしたがって自然の構成物は姿を消し、鉱物化した地面が目立つようになります。滝が流れ落ちる荒涼としたエリア。この先でブラッドを待つものとは…?

◆螺旋の樹から発生!? 新アラガミ「シルキー」


■シルキー
・発生起源:螺旋の樹

ある時を境に極東地域で観測されるようになった浮遊型アラガミ。フィールドに残留するオラクルにより戦場のいたるところに蒼い炎を発生させ、じわじわと神機使いを追い詰める厄介な相手。黒いケープを纏って近付く姿は、その名の通りさながら幽霊のようですが、鋭い爪で切り裂くといった行動にも出るため注意が必要です。ブラッドの螺旋の樹探索においても幾度となく対峙する相手となることでしょう。

◆サバイバルミッションに新要素! 過酷な連戦を支える「幕営シーン」が追加



螺旋の樹内部の探索ミッションをはじめ、時には過酷な連戦形式の「サバイバルミッション」が展開される作戦も存在しますが、それらの連戦の間には新たに「幕営シーン」が追加され、次戦への準備と共に、束の間の休息で垣間見えるキャラの一面が楽しめます。

幕営中には次のミッションを確認したり、それにあった装備セットに変更するなど次戦に向けた準備を整えることが可能ですが、連戦中はアナグラ内のようにアイテム補充などはできないので要注意。

■「サバイバルミッション」と「耐久値」について

サバイバルミッションでは連戦を通じて「耐久値」パラメータがすべての戦闘メンバーに設定されます。耐久値はミッション中に“戦闘不能になる”、“リスポーンする”ことで徐々に減少していき、耐久値が0になったメンバーは戦線から離脱してしまいます。プレイヤー自身の耐久値が0になったらミッションは失敗に。サバイバルミッションでは耐久値ゲージに注意しながら連戦を進めましょう。

◆キャラクター育成新システム「パーソナルアビリティシステム」を初公開



本作には、頼もしい仲間NPCをさらに自分好みに成長させることができる新システムが追加されます。ミッションの同行によってキャラごとに蓄積される「アビリティポイント」を、各キャラクターごとに独自に設定されたパーソナルアビリティへ自由に割り振ることで、新たな能力を習得させることが可能となります。


どのパーソナルアビリティを伸ばすかはプレイヤーの好み次第。パーソナルアビリティを育てていくと、パラメータが上昇したり、新たな戦闘行動をとるといった変化があるようです。お気に入りのキャラクターをとことん育ててみましょう。

◆キャラクリパーツや衣装も追加



自らの分身である主人公を作り出すキャラクタークリエイションも本作の魅力の一つですが、本作では新規のフェイスパーツ、髪型、アクセサリーなどが追加され、新衣装も多数登場するとのこと。今回はそのごく一部が画像で公開されました。


前作の衣装も基本的に引き継ぐことが可能ですが、本作で追加されるパーツや衣装で更に個性を演出してみることも。スキルや防御力などには影響しないため純粋に見た目で選べるので、自分だけのコーディネートを楽しみましょう。

◆予約特典


■予約特典:限定アラガミ「オロチ」

特典として、「予約特典限定ミッション」の解除コードが手に入るプロダクトコードが用意されています。この限定ミッションでは、「オロチ」と戦うことが可能。討伐して手に入る素材を使うことで、「オロチ装備」が作成できます。

※特典の仕様・デザインは変更になる場合がございます。
※特典の数には限りがあります。なくなり次第終了となります。
※一部店舗ではお取扱いの無い場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。
※プロダクトコードをご利用頂くには、インターネットへの接続が必要です。また、Sony Entertainment Networkのアカウントが必要です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


また本作の魅力はゲーム内だけに留まらず、極東支部支給ヘッドセットを付属する「LaLaBit Market 特装版」や、ソニーストア限定となるオリジナルレーザー刻印を施したPS4/PS Vita/PS Vita TVの各モデルが発売予定です。どのショップで予約するか、またこの機会にハードを併せて購入しようと考えている方は、これらの情報も参考にしてみてはいかがでしょうか。

加えて、12月3日よりPlayStation Plus加入者向けに、PS Vita版『GOD EATER 2』の期間限定フリープレイ配信を予定。無料配信期間は2015年2月4日までとなっているので、発売月までじっくりとやり込めます。それぞれお好みのスタイルで発売日を待ちましょう。

『GOD EATER 2 RAGE BURST』は、2015年2月19日発売予定。価格は、PS4のパッケージ版・ダウンロード版が6,640円(税抜)、PS Vitaのパッケージ版・ダウンロード版が5,690円(税抜)です。

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ダーク戦国アクションRPG『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

    ダーク戦国アクションRPG『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  2. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』OP映像公開! 2つの世界が激突するアクションRPG

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』OP映像公開! 2つの世界が激突するアクションRPG

  3. 『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説

    『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説

  4. 『よるのないくに2』が再延期、2017年発売に変更…更なるクオリティアップのため

  5. PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

  6. PS4『仁王』最新情報が公開―本多忠勝などの東軍武将がウィリアムと対峙!?

  7. 【PS Vita DL販売ランキング】『エビコレ+ アマガミ』首位へ、2位『咲-Saki-全国編Plus』ランクイン(1/13)

  8. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  9. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』加速と仮想が激突! 浸食された世界や登場キャラクターを公開

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る