人生にゲームをプラスするメディア

FPSはプレイヤーの学習能力を向上させる ー 米認知科学教授が研究結果を公表

その他 全般

『Call of Duty』のようなFPSは、プレイヤーの学習能力を向上させるという最新の研究結果を、ロチェスター大学の脳・認知科学教授Daphne Bavelier氏が発表しています。

Bavelier教授によると、人気FPSゲーム『Call of Duty』のプレイヤーは、プレイしていない人よりも記憶力や集中力、物事を多面的に捉える能力などが勝るとの研究結果が出たとしています。さらに、普段ゲームをプレイしていない人も、2ヶ月間、週5日ペースで毎日2時間ほど『Call of Duty』のようなFPSゲームをプレイすると同様の結果が見られたそうです。しかし、『The Sim 2』のようなシミュレーションゲームではこのような結果が得られなかったようで、FPSゲームが特に学習能力の向上に貢献するのではないかと語っています。

同教授はこの研究が学術的な知識獲得や勉強の助けとなってほしいとしながらも、特に若者世代は、ゲームをやり過ぎることによって学校の勉強や宿題をやる時間を削ってしまい、学習能力は向上しても他の脳の機能が悪化してしまう可能性があることから、この研究結果を勉強しない言い訳に使っていいものではないと釘を刺しています。同時に、現在販売されているFPSゲームは暴力的なものが多いことから、子供の学習にはふさわしくないという面も指摘しています。

新作が発売されたばかりの『Call of Duty』シリーズですが、面白いからといってやりすぎるのではなく、ほどほどにプレイして集中力を高めてから学業に挑む方が良いようです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

    “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

  4. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  5. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  6. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. 『Scalebound』開発中止は「難しい決断だった」―フィル・スペンサーが告白

  9. 【昨日のまとめ】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー、「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイト、『Fate/Grand Order』「マシュ」のCV変更…など(9/26)

  10. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

アクセスランキングをもっと見る