人生にゲームをプラスするメディア

VRの技術本「Oculus Riftでオレの嫁と会える本」が12月に発売!3D酔い対策やUIの記述も

その他 全般

VRの技術本「Oculus Riftでオレの嫁と会える本」が12月に発売!3D酔い対策やUIの記述も
  • VRの技術本「Oculus Riftでオレの嫁と会える本」が12月に発売!3D酔い対策やUIの記述も
翔泳社は、ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を解説する解説本「Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ」を2014年12月16日に発売します。

ゲームに最適化されたヘッドマウントディスプレイを目指すOculus Riftは、2012年にクラウドファンディングを実施し、約9,500人から245万ドルもの資金を調達することに成功。ゲームユーザーはもちろんのこと幅広い業界から注目を浴びており、新たな時代を切り開くガジェットとして期待されています。

既存製品の倍以上の高視野角や低遅延なヘッドトラッキング性能を持ち、立体視により生み出されるバーチャルリアリティ体験を与えてくれるOculus Rift。その仕組みや購入方法、対応コンテンツの入手方法などの基本から、実際にどのようにしてコンテンツが作れるのかを具体的に解説してくれる、「Oculus Riftでオレの嫁と会える本」の出版が明らかとなりました。

本書は、日本におけるOculus Rift普及活動の先頭を走るOculus Festival in Japan(ユーザー会)が執筆しており、「本邦初のOculu Rift本」を謳っています。MMDモデルを使ったプライベートVRライブの作例を元に、ゲームエンジンのUnityを使いプログラミングなしの作成を紹介。取り組みやすさに重点を置かれた解説を行っています。

この他にも、VRコンテンツが抱える3D酔い対策やユーザーインタフェース設計への配慮などについても、著者たちの経験や世界的知見などを踏まえ、現段階のベストプラクティスが示されています。

「二次元の世界に住む“オレの嫁"たちに、会ったり触れ合ったりできたら……」という夢に一歩近づくOculus Rift。この新たな体験を待ち望むユーザーを、力強くサポートしてくれる一冊となるでしょう。208ページに渡る本書を通して、Oculus Riftと「オレの嫁」に出会ってみてはいかがでしょうか。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  4. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  5. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  6. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  7. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  8. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

アクセスランキングをもっと見る