人生にゲームをプラスするメディア

名作恋愛ADV『CLANNAD』の英語化プロジェクト始動…Key作品を世界の人に届けるために

ゲームビジネス 開発

「Kickstarter」より
  • 「Kickstarter」より
ゲームブランドKeyの恋愛アドベンチャーゲーム『CLANNAD』、そのSteam英語版の開発資金を求めるKickstarterが本日より開始されています。

『CLANNAD』は、2004年に発売された恋愛アドベンチャーゲームです。主人公である岡崎朋也が、古河渚などの少女たちと出会い不思議な幻想的世界を巡る物語に巻き込まれていくという、重厚なストーリーが特徴で、アニメ化も実施されました。

このSteam英語版『CLANNAD』のプロジェクトは、同じくSteam英語版『planetarian~the reverie of a little planet~』を手がけたSekaiProjectによる企画です。『CLANNAD』はかなりの文章量があるゲームのため、高品質で翻訳するための資金を求めてプロジェクトが開始されました。また、今年で本作が10周年を迎えたことも切欠となっている模様。

プロジェクトのページでは、ゲーム概要紹介や、ビジュアルアーツの代表取締役社長 馬場隆博氏からのコメント、そしてTシャツやファンブックなどが付属するリワードも公開されています。

なお、目標金額は140,000ドルとなっていますが、現在(記事執筆時)既に113,182ドルが集まっています。


《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  4. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  5. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  6. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

  7. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  8. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. 【CEDEC 2012】ゲームのスポーツ化と、スポーツのゲーム化、その融合がもたらすものとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top