人生にゲームをプラスするメディア

スクエニの伝説『レーシングラグーン』、ここに蘇る?舞台はSouth YOKOHAMAからヤン魂へ

モバイル・スマートフォン Android

スクエニの伝説『レーシングラグーン』、ここに蘇る?舞台はSouth YOKOHAMAからヤン魂へ
  • スクエニの伝説『レーシングラグーン』、ここに蘇る?舞台はSouth YOKOHAMAからヤン魂へ
スクウェア・エニックスが公開していた謎のティザーサイト「伝説が蘇る……」のカウントダウンが終了しました。

現在のティザーサイトには「横浜最速伝説の舞台はSouth YOKOHAMAからヤン魂。へ」「Yankee Soul…… ……俺たちのFUNKY GAME…… ……醒めちまったこの時代に…… ……熱いのは…… 俺たちのFlick&Swipe……」という文章と共に、『レーシングラグーン』と『疾走、ヤンキー魂』のキャラクターたちの姿が。ファンが思い描いた『レーシングラグーン』の続編や移植ではありませんでしたが、スマートフォン向けゲーム『疾走、ヤンキー魂』とのコラボが決定しました。

『疾走、ヤンキー魂。』は、スクウェアとエニックスの合併直後の2003年5月23日にサービスが開始された「元祖 ザ・つっぱりネットワークゲーム」です。2度のサービス開始と終了がなされながらも、コアなファンから人気を集め、「三度目の正直」として再始動しました。なお、具体的なコラボ内容は明かされていません。

『疾走、ヤンキー魂。』はAndroid版が配信中で、iOSは事前登録を受付中。料金は基本無料のアイテム課金制です。
《栗本 浩大》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 神戸市が『ポケモンGO』への対応を発表…プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

    神戸市が『ポケモンGO』への対応を発表…プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  2. 【レポート】リアルつりびとが『ポケモンGO』片手に大海原へ!相模湾ポケモン生態調査

    【レポート】リアルつりびとが『ポケモンGO』片手に大海原へ!相模湾ポケモン生態調査

  3. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  4. 格安スマホ「TONE」大幅アップデート、社長「最も安心してポケモンGOが遊べる環境」

  5. 【レポート】岩田聡と共に追いかけた『ポケモンGO』への想いを石原恒和や宮本茂が語る

  6. iPhone 7発売日に「9月16日」が浮上、過去の発売日を振り返ってみた

  7. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  8. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  9. iOS/Android『KOF'98 ULTIMATE MATCH Online』事前登録開始、15万人突破で「ユリ・サカザキ」など特典多数

  10. 『日刊クロスワードキング』iOS版が登場!良質なパズルを毎日無料で楽しめる

アクセスランキングをもっと見る

page top