人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、スマホ向けゲームで好調な第2四半期決算

ゲームビジネス 市場

スクウェア・エニックス・ホールディングスが発表した平成27年3月期 第2四半期の連結業績は、売上高731億3000万円(+18.6%)、営業利益85億0700万円(+81.9%)、経常利益89億9700万円(+58.7%)、純利益57億0200万円(+118.8%)と好調な数字を残しました。

第2四半期は主力であるデジタルエンタテインメント事業が、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』『ファイナルファンタジー レコードキーパー』『スクールガール ストライカーズ』などのスマートフォン向けヒット作品が続いたことで大きく伸び、全体を牽引しました。

海外展開も強化し、オンラインゲームの『ファイナルファンタジーXIV』の中国版がローンチしたほか(Shandaと協業)、韓国でも2015年に展開予定です。スマートフォン向けゲームでも『クロスゲート』(Perfect Worldと提携)、『パズルボブル』(Quhoo360と提携)など現地の有力企業と組み、中国展開がスタートしています。今後は中東、南米、ロシア、南アジアの開拓も視野に入れていくとしています。

コンテンツのポートフォリオとしては、国内では数十億円規模の大型タイトルのみに偏るのではなく、10億円規模の中型タイトルや、スマートフォン向けの小規模のタイトルもラインナップし、バランスを取ろうとしています。海外では大型タイトルが主力ではありますが、オンラインに対応した中型タイトルも増加させています。

同社では通期の業績予想も上方修正し、売上高1500~1600億円、営業利益110~160億円、経常利益110~160億円、純利益70~105億円としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

    VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

    マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  4. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  8. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. Oculus Riftが最大200ドル値下げ!専用無料VRFPS『Robo Recall』も配信開始―海外発表

アクセスランキングをもっと見る