人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコHD、平成27年3月期第2四半期決算を発表 ― 玩具の「妖怪ウォッチ」が人気

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングス「平成27年3月期第2四半期決算」スクリーンショット
  • バンダイナムコホールディングス「平成27年3月期第2四半期決算」スクリーンショット
バンダイナムコホールディングスは、平成27年3月期第2四半期決算を発表しました。

売上高2593億3300万円(前年同期比 13.5%増)、営業利益318億7500万円(前年同期比 20.8%増)、経常利益333億8900万円(前年同期比 16.9%増)、四半期純利益は212億7200万円(前年同期比 8.5%増)となりました。

コンテンツ事業では、国内にて、ソーシャルゲームやスマートフォン向けアプリゲームの主力タイトルが安定的に推移し、アプリゲームの新規タイトルである『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』『ONE PIECE(ワンピース) トレジャークルーズ』などは好調に推移しました。また、映像コンテンツと音楽コンテンツの連動展開を行っている「ラブライブ!」や「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode7 「虹の彼方に」」などの映像音楽コンテンツも好調に推移し、業績に貢献しています。海外では、欧米で前連結会計年度に発売したゲームソフト『DARK SOULS(ダークソウル)II』がPC版を中心に好調に推移しました。

トイホビー事業については、国内にて、新規IP「妖怪ウォッチ」商品が人気となったほか、定番IPの「機動戦士ガンダム」「仮面ライダー鎧武/ガイム」「烈車戦隊トッキュウジャー」など、女児向けIP「アイカツ!」などの商品が好調に推移。海外では、欧米地域にて「Power Rangers(パワーレンジャー)」シリーズの商品が堅調に推移しました。

また、今後については、中長期的なグループの成長のための基盤の整備や強化に取り組むとしています。家庭用ゲームソフトでは、旬のIPを活用した国内向けタイトル、ワールドワイドで投入するタイトル、ネットワーク機能を活用したタイトルをバランスよく展開。また、IP軸戦略の新たな出口として、新規プラットフォームへの対応を行うとしています。コンテンツ事業では、「IP軸戦略」をさらに強化するために、環境変化や新たな出口へのスピーディな対応を行うほか、新規IPの創出・育成を強化し、新たな付加価値の創造やIP価値最大化に取り組むとのこと。ネットワークコンテンツでは、新規タイトルの投入や既存タイトルのタイムリーな更新による安定的な運営、海外でのタイトル展開を強化するとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

    【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  9. Nintendo Services USAを清算へ

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る