人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、平成27年3月期第2四半期決算を発表 ― 『閃乱カグラ2』『幕末Rock 超魂』『禁忌のマグナ』が計画未到達

ゲームビジネス その他

マーベラス 「平成27年3月期第2四半期決算」スクリーンショット
  • マーベラス 「平成27年3月期第2四半期決算」スクリーンショット
マーベラスは、平成27年3月期第2四半期決算を発表しました。

売上高113億8700万円(前年同期比 18.8%増)、営業利益14億4900万円(前年同期比 6.2%増)、経常利益15億1400万円(前年同期比 9.3%増)、四半期純利益は9億3400万円(前年同期比 8.6%増)となりました。

オンライン事業のPCブラウザゲームは『ブラウザ三国志』が堅調に推移し、モバイルブラウザゲームでは『一騎当千バーストファイト』が堅調に推移しました。また、サービス開始から1年を迎えた『ハイスクールD×D』は順調に拡大。その他、既存タイトルについては、市場がスマートフォンアプリにシフトする中、同社のPC・モバイルブラウザゲームは底堅く推移したとのことです。

ネイティブアプリは、『剣と魔法のログレス いにしえの女神』が好調に売り上げを伸ばし、収益に大きく貢献しています。また、9月に開始した『剣と魔法のログレス いにしえの女神』初のTVCM効果もあり、累計ダウンロード数が400万件を突破し、売上成長が加速しました。さらに、同社初のPS Vita向けフリートゥプレイゲーム『ハイスクールD×D NEW FIGHT』を8月にサービス開始。下期リリースに向けた複数のネイティブアプリの開発にも取り組んでいます。

『ブラウザヱヴァンゲリヲン』については、リリースに向けて長期に渡り開発に取り組んできたものの、ゲーム性や将来の収益性を総合的に判断し、開発中止になったとのことです。これを含む4タイトル(内、第1四半期に3タイトル)も、将来の収益性が不透明なことから開発中止となっています。

コンシューマ事業については、ニンテンドー3DS『閃乱カグラ2-深紅-』を8月7日に、PS Vita/PSP『幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)』を9月25日に、ニンテンドー3DS『禁忌のマグナ』(出荷基準につき当期計上)を10月2日に発売したものの、計画未到達とのこと。アミューズメント部門は、6月26日開始の『パズドラZ テイマーバトル』が軟調な推移、既存の『ポケモントレッタ』は底堅く推移したものの、競合環境激化もあり、計画を下回っています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  10. 任天堂、ロシアに現地法人を設立・・・市場は成長中

アクセスランキングをもっと見る