人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、「amiibo」はカードタイプなど様々な形で展開…『どうぶつとの森』との連動も検討中

任天堂 Wii U

任天堂、「amiibo」はカードタイプなど様々な形で展開…『どうぶつとの森』との連動も検討中
  • 任天堂、「amiibo」はカードタイプなど様々な形で展開…『どうぶつとの森』との連動も検討中
任天堂が10月30日に実施した「経営方針説明会 / 2015年3月期 第2四半期決算説明会」の質疑応答で、同社が12月から展開される「amiibo」の今後が語られています。

「amiibo」は、NFCを内蔵した新カテゴリーの商品です。現在はフィギュアタイプが『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』と同時に発売予定であり、ゲームとの連動が最初から楽しめます。同社は、他社ハードが高機能化を目指して標準化している中、この「amiibo」により「新しいおもちゃで遊んだ」という体験ができ、これが差別化になると説明。現在、NFCを使った様々なプロジェクトが進められており、来年その成果となる商品が出てくると岩田社長は語っています。

その一環として、フィギュア以外の「amiibo」が模索されています。具代例としては、「カードeリーダー」のようなカードタイプの「amiibo」を予定。何種類かのカードを持ってかざすだけで遊べる遊びや、その結果がきちんと書き込まれているので遊んだ履歴が残るなど、カードゲームも「amiibo」によって新しい構造になっていく可能性があります。また、現在発表されている豪華なフィギュアではなく、もっと安価なフィギュアも提供される予定です。

これら「amiibo」対応タイトルには、『どうぶつの森』との連動も検討されており、『マリオカート8』では「なるほど、こういうことが起こるのか」という体験ができるそうです。
《栗本 浩大》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top