人生にゲームをプラスするメディア

ジェームズ・キャメロン監督はVR技術に懐疑的、「率直に言ってあくびが出る」

その他 全般

(C) Getty Images
  • (C) Getty Images
3D映像で見たものに驚きと興奮を与えた映画「アバター」。本作を手がけたジェームズ・キャメロン監督がウォール・ストリート・ジャーナルのカンファレンスパネルで講演し、VR技術に関する見解を述べました。

講演でVR技術について質問を受けたジェームズ・キャメロン監督は「何か周りで大きな話題になっていますが、率直に言って私にはあくびが出る」と語り、「私は常に疑問を感じているのは、いつ成熟するのか、いつ大衆に受け入れられるのか、いつVRでの制作を開始することができるのかということ。そしてそれが一体何になるのでしょう?」と思いを明かしました。

続けてキャメロン監督は「“立って見て回る”こと以外にどの程度、インタラクティブになるのでしょう?仮想現実の中で動きまわりたいならビデオゲームと呼ばれるものが、これまでもこれからもある。」と語っており、映画におけるVRのあり方に疑問を呈しています。

キャメロン監督は現在「アバター」の続編を3作同時に制作中です。「アバター 2」が2016年2月、「アバター 3」が2017年12月、「アバター 4」が2018年に公開予定。VR技術が映画に使われることは無さそうです。

ジェームズ・キャメロン監督はVR技術に懐疑的、「率直に言ってあくびがでる」

《水京》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

    『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  2. 【特集】『Googleカメラ翻訳大会(ゲームパッケージ編)』結果発表!―シュールな世界へようこそ…

    【特集】『Googleカメラ翻訳大会(ゲームパッケージ編)』結果発表!―シュールな世界へようこそ…

  3. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  4. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  5. 『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

  6. ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

  7. 日本橋三越本店で『ペルソナ5』コンサート開催! 貴重な資料展示や目黒将司、なるけみちこ出演のファンミーティングも

  8. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

  9. 『Fate/Grand Order』ランサー・スカサハがねんどろいど化!2017年8月発売予定

  10. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

アクセスランキングをもっと見る