人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー、遊技機・ネットワークゲーム・リゾートの3事業に再編へ・・・里見治紀氏がセガの代表取締役に就任

ゲームビジネス 市場

セガサミーホールディングスが31日発表した平成27年3月期の第2四半期業績は会社予想を下回り、通期の業績予想も下方修正しました。

主な要因は遊技機において、許認可プロセスが変更になるのに伴い、第3四半期に発売予定だったタイトルの仕様や販売スケジュールなどを再検証した結果です。また、その他の事業においてもゲームのパッケージや玩具分野で当初の予想を下回る予想となったとのこと。

セガサミーでは以前より検討していた構造改革について、来年4月を目処に以下の3つの事業を再編すると発表。

(1)サミーを中心とする遊技機事業
(2)セガのネットワークゲーム事業を中核とするエンタテインメントコンテンツ事業
(3)ホテルやゴルフ、施設事業等を展開するリゾート事業

これに関連し、現在セガネットワークスの代表取締役社長を務めている、里見治紀氏が11月1日付でセガの代表取締役副社長(構造改革担当)に就任します。また、既存事業の立て直しのため、来年度以降、グループ全体で不採算事業を中心に60億円の固定費を削減する計画。

ゲーム事業について、事業再編ではあえて「ネットワークゲーム事業を中核とする」と表記があり、セガネットワークスを率いている里見氏が代表取締役に就任することからも、既に規模が小さくなっているパッケージソフトについてはテコ入れがあり、よりオンライン、スマートフォン向けタイトルへの注力が行われそうです。
《土本学》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

    セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  3. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  10. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

アクセスランキングをもっと見る