人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、PS4の好調でゲーム部門を上方修正・・・ハードは3ヶ月で330万台を販売

ゲームビジネス 市場

ソニーは2014年度第2四半期業績を発表し、その中で7月1日~9月30日の3ヶ月のプレイステーション4の販売台数が330万台となったことを明らかにしました。また、Vitaは70万台でした。

ゲーム事業全体での売上高は3095億円、営業利益は218億円。前年同期の売上高1690億円、営業損失42億円から大きく改善しました。主にPS4のハードウェアや、それに伴うネットワーク関連リ売上の大幅な増加が寄与したとのこと。ネットワークが大きな割合を占めるようになっていて、第2四半期ではソフトウェアが1060億円に対して、ネットワークが710億円の売上でした。

プレイステーション4が好調なことから、通期の業績予想も売上高を500億円、営業利益を100億円、上方修正し、売上高1兆2900億円、営業利益350億円としています。今期の販売数量は据置型ハードを1700万台、携帯型ハードを350万台としています。

ゲーム事業が好調なソニーですが、全社では第2四半期は売上高1兆9015億円、営業損失856億円でした。また第2四半期までの累計期間では売上高3兆7114億円、営業損失158億円でした。為替の影響で多くの部門の収支が改善する一方、スマートフォンを展開するモバイル・コミュニケーション部門が1720億円の赤字を計上し、足を引っ張った形です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  4. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る