人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita『マンガ・カ・ケール』で一部機能が削除、「特許抵触」「圧力」ではないと公式が経緯を説明

ソニー PSV

PS Vita『マンガ・カ・ケール』で一部機能が削除、「特許抵触」「圧力」ではないと公式が経緯を説明
  • PS Vita『マンガ・カ・ケール』で一部機能が削除、「特許抵触」「圧力」ではないと公式が経緯を説明
  • PS Vita『マンガ・カ・ケール』で一部機能が削除、「特許抵触」「圧力」ではないと公式が経緯を説明
  • PS Vita『マンガ・カ・ケール』で一部機能が削除、「特許抵触」「圧力」ではないと公式が経緯を説明
グランゼーラは、PS Vitaダウンロードソフト『マンガ・カ・ケール』を2014年内に発売します。

『マンガ・カ・ケール』は、絵が描けない人やストーリーが思いつかない人でも、手軽に本格的なマンガが作成できるゲームソフトです。なおこのゲームは、ウェブテクノロジが制作したマンガ作成ツール「コミ Po!」に刺激されPS Vita用ゲームとして再設計したもので、ウェブテクノロジの全面協力を得て制作にあたっています。



本作におけるマンガ素材は3000種類以上用意されており、好きな素材を選ぶだけでマンガを作成可能です。また、アドベンチャーゲームを遊ぶだけでマンガが生成できる「第一話ジェネレーター」を搭載。このジェネレーターは、選択肢によって展開が変化し、恋愛・野球・サスペンス・超能力マンガなどに変化するとのこと。また、生成したマンガを編集することもできます。


そして、作ったマンガは、専用投稿サイトを通じて全世界に発信することも可能。PS Vitaから簡単に「マンガ・ヨ・メール.com」(http://manga-yomeru.com)へ投稿できるうえ、このサイトはPC・スマートフォンからもアクセスすることができます。

◆線を引く・トーンを削る機能について


なお、公式ツイッター上で、『マンガ・カ・ケール』には「タッチで線を引く機能、トーンを削る機能は実装されておりましたが、諸事情により封印」されていることが明らかになっています。




この件について、特許抵触や他者からの圧力ではないかといった推測が飛び回っていましたが、後日明確な理由が明らかに。実は、これらの機能によりいかがわしい絵を作れてしまう可能性があるため、レーディングにおける問題が発生してしまったとのこと。結果、線を引ける機能などは封印されることとなったようです。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『マンガ・カ・ケール』は2014年発売予定で、価格は400円(税込)です。ただし、PS Plus会員は無料。また、アイテム課金制度も用意されています。

(C)2014 Granzella Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

  2. 『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

    『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

  3. 非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

    非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

  4. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  5. 【TGA 16】Game of the Yearは『オーバーウォッチ』に決定!

  6. 北海道も作れちゃう!?『Birthdays the Beginning』新たなゲームモードの情報が公開

  7. 『DEATH STRANDING』ティザートレイラーの4Kバージョンが公開!

  8. 【ゲームの中では傍若無人】47回:『戦国無双 ~真田丸~』 城下町が楽しすぎて郷から出られない。

  9. PS Plusの12月注目コンテンツ公開―フリープレイに『ソフィーのアトリエ』『絶対絶望少女』、『FF15』サントラも

  10. 『魔女と百騎兵2』店舗別特典を一挙お届け! DLCや描き下ろし布ポスターなどズラリ

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top