人生にゲームをプラスするメディア

ユーザーと率直に意見交換した『GE2 レイジバースト』×「プレコミュ」PS4版体験会&開発サミットレポ

ソニー PSV

『ゴッドイーター2 レイジバースト』×「プレコミュ」PS4版最速体験&超合同開発サミット
  • 『ゴッドイーター2 レイジバースト』×「プレコミュ」PS4版最速体験&超合同開発サミット
  • 『ゴッドイーター2 レイジバースト』×「プレコミュ」PS4版最速体験&超合同開発サミット
  • 入り口にはヴァジュラが
  • リヴィの神機
  • リヴィの衣装
  • アリサの神機
  • アリサの衣装
  • カノンの神機
バンダイナムコゲームスは、10月25日・26日に『ゴッドイーター2 レイジバースト』×「プレコミュ」PS4版最速体験&超合同開発サミットを開催。ここでは体験会の模様についてお伝えします。

入り口では、東京ゲームショウにも登場したヴァジュラがお出迎え。さらに会場にはカノン、アリサ、リヴィの衣装と神機も展示されていました。

■PS4版&PS Vita版のマルチプレイを体験

まず参加者は、PS4版のシングルプレイをスタート。初のPS4版となるため対ガルムのミッションで新武器「ヴァリアントサイズ」や「ブラッドレイジ」を試しつつ、強力な新アラガミ「クロムガウェイン」には使い慣れた武器で挑むといった人が多く見られました。

続いては、PS Vita版による2人でのマルチプレイ。とくにブラッドレイジは複数人で同時に行えないため、喚起率をこまめに報告したり、あらかじめ使用するタイミングを決めたりしておいたほうがスムーズに連携できます。初めて戦うアラガミに加え、狭い部分の多いマップに苦戦するペアも多く、時間ぎりぎりの勝利には思わずガッツポーズが飛び出すほどでした。

■気になった部分はすぐに開発陣へ報告!

ここまでの体験をふまえ、参加者は気になった点や要望についてレポートをまとめます。さらにバンダイナムコゲームス・プロデューサーの富澤祐介氏、バンダイナムコスタジオ・総合ディレクターの吉村広氏、ディレクター・依田優一氏、シフトのゲームデザイナー・山本雄太氏、福上哲也氏、堀江一夫氏が登場。それぞれがユーザーのグループと積極的に意見を交わしました。

PS4版の操作や「ブラッドレイジ」については「慣れたらやりやすそう」「やりにくい!」といった正反対の意見が出る一方、これまでの作品をプレイしている熱心なユーザーからは新しいブラッドアーツの使用感についても細かな指摘が出ていました。これらの意見をもとに再度開発陣がその場で話し合い、改善が必要なものはすぐに取り入れるとのこと。非常にスピーディーな対応に、製品への期待が膨らみます。


また10月26日の17時35分からは、今回の体験会を生中継。放送の最後には新情報の発表も予定されていますので、参加できなかったファンは特にお見逃しなく。



『GOD EATER 2 RAGE BURST』は、今冬発売予定。価格は未定です。

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

    【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  2. 完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

    完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

  3. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

    『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  4. 『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

  5. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  6. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  7. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  8. 『ベルセルク無双』では“両断”や“斬り潰す”が可能に!物語は「黄金時代篇」から「千年帝国の鷹篇」の終盤まで

  9. 【インタビュー】『仁王』はトレハン要素あり!プレイ時間は30~40時間想定で、日本中を旅するストーリーに

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top