人生にゲームをプラスするメディア

「スマブラ for 3DS/Wii Uに“ミュウツー”参戦」を知った外国人、その歓喜ぶりが桁外れ

任天堂 Wii U

「スマブラ for 3DS/Wii Uに“ミュウツー”参戦」を知った外国人、その歓喜ぶりが桁外れ
  • 「スマブラ for 3DS/Wii Uに“ミュウツー”参戦」を知った外国人、その歓喜ぶりが桁外れ
  • 「スマブラ for 3DS/Wii Uに“ミュウツー”参戦」を知った外国人、その歓喜ぶりが桁外れ
任天堂は本日10月24日に、Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の魅力を紹介する「スマブラWii Uがスゴい50の理由」を放映し、様々な新発表を行いました。

実際には50以上にのぼる注目点が明かされ、制限こそあるものの「最大で8人同時プレイが可能」や、手前と奥の2ライン構成となるステージの存在、Wii U版の「シンプル」は生き残りバトルの形で進行、アイテムを駆使しルーレットで進むボードゲーム「ワールドスマッシュ」の搭載など、目を見張る刺激が矢継ぎ早に飛び出しました。

その中でもかなり大きな注目ポイントとなったのが、最後に発表された「ミュウツー制作決定」の情報でしょう。ポケモンファンにはお馴染みの、思い出深いポケモン「ミュウツー」が、Wii U版と3DS版の双方に登場することが判明しました。ちなみにこの「ミュウツー」は、3DS版およびWiiU版の両方を購入した方への特典として無料配布されます。

今回の発表は世界同時に行われたため、国内のみならず海外でも大きな反響と喜びの声があがりました。その勢いは予想を遥かに上回るほど凄まじく、大手動画サイトには「ミュウツー制作決定」を報じる動画のみならず、「ミュウツーの登場に歓喜する様子」を収めた動画が次々とアップされています。

リアクションが大きい外国の方々だけに、その喜びようは並ならぬものがあります。その中でも特に注目されている動画をピックアップしてみたので、気になる方はこちらからどうぞ。ただし、音量には充分注意してご視聴ください。先にかなり絞っておくことをお勧めします。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=uukP_aMg6ds#t=25


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=Iusv8XwkSaM

リアルタイムの歓喜か、はたまた衝撃的な嬉しさを伝えるための表現なのかは分かりませんが、こういった動画を制作して公開したくなるほどの喜びであることは間違いないでしょう。

そして更に驚きなのが、こういった「歓喜の様子」を収めた映像が既に、多くの方に閲覧されているという事実です。上記の動画も、すでに2万、3万という閲覧数に及んでおり、カウンターは今後も増え続けていくことでしょう。なおYouTubeで「mewtwo」と検索すると、同様の映像が数多く見つかります。興味がある方は、そちらもチェックしてみてください。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』は好評発売中。価格は5,200円(税抜)です。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年12月6日発売予定。価格は、7,200円(税抜)です。

(C)2014 Nintendo
Original Game:(C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters:(C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokemon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc. / MONOLITHSOFT
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  4. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top