人生にゲームをプラスするメディア

「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで

任天堂 Wii U

「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
  • 「スマブラWii Uがスゴい50の理由」まとめ ─ 大会から ワールドスマッシュまで
任天堂は、Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の魅力を紹介する「スマブラWii Uがスゴい50の理由」にて、3DS版に登場しない要素を中心に紹介を行いました。


世界同時発信となるため、国内では朝の7時に放送が開始されました。そのため、出勤や通学で見られなかった方も多いことと思います。そんな方々や、30分を超える放送をじっくり眺める時間のない人に向け、「スマブラWii Uがスゴい50の理由」で明かされた要素をおさらいさせていただきました。

■01.最初から選べるファイター
Wii U版は3DS版と比べて、最初から選べるファイターが多い。種類やワザは3DS版と同じ。

■02.解像度
3DS版は400×200、Wii U版は1920×1080。

■03.8人同時プレイ

最大で8人の同時対戦が可能。使用できるのは一部のステージで、オンラインプレイは不可。

■04.広大なステージ

いくつかの広大なステージを用意。多人数戦にも向いています。

■05.デンジャーゾーン

当たるとダメージを受け、蓄積ダメージが100%を超えているとその場でミスに。

■06.2ラインバトル

ステージ「バナナジャングル」は、手前と奥の2ライン構成に。

■07.ステージの数
3DS版と比べ、Wii Uの方が多め。また構成がまったく異なります。

■08.Miiverseステージ

特定のファイターに対する応援メッセージが背景に出現。

■09.スマッシュアピール
ピット、パルテナ、ナチュレが特定のファイターに対して会話します。スターフォックスチームの会話が楽しめるステージも。

■10.黒いフェイス

ステージ「ガウル平原」では、夜になると「黒いフェイス」が登場。撃墜することも可能。

■11.リドリー

サムスの宿敵「リドリー」は、攻撃して怯ませると味方になります。

■12.コイン制
コイン制が復活します。

■13.体力制
一般的な格闘ゲームのように、体力がなくなったら負ける「体力制」で楽しむことも。

■14.スペシャル乱闘
好みに合わせてルールを変えられる「スペシャル乱闘」。戦績には影響しないので気軽に楽しめます。

■15.アイテム量
アイテムの出現量の調整が可能。「なし」にすることも。

■16.オレ曲セレクト
対戦時の曲を自由に設定。

■17.メニュー曲をオレ曲セレクト
基本的なメニュー曲も「オレ曲セレクト」が可能。

■18.音楽の多さ
収録曲の多かった3DS版と比較しても遥かに多い曲数を実現。また、3DS版の音楽もほぼ全て収録。

■19.音楽家
曲の増大に合わせて、参加する音楽家も増量。

■20.CD
音楽収集アイテム「CD」。これを手に入れると、再生できる曲が増えます。

■21.クリアゲッター
課題クリアでマスを埋める「クリアゲッター」。Wii U版では一画面に集約。

■22.シンプル

3DS版はルートマップでしたが、Wii U版は生き残りバトルで進行。2人同時プレイも可能。

■23.クリアムービー
ファイターごとのショートムービーが見られます。

■24.オールスター
新しいファイターから昔のファイターに挑んでいきます。2人同時プレイも可能。

■25.イベント戦
特定のテーマに沿って戦う「イベント戦」。ユニークな課題が満載。2人用は専用のお題を用意。

■26.ワールドスマッシュ

アイテムを駆使し、ルーレットで進むボードゲーム。最大4人同時プレイが可能。

■27.スマッシュボンバー
2発目の爆弾が大きくなり、破壊力と重さが増大。ステージは3種類。

■28.みんなで競技場
競技場が多人数プレイ対応に。

■29.オーダー

マスターハンド、クレイジーハンドが課題を出す新モード。

■30.マスター要塞

高本気度でのみ「マスターフォートレス」が出現します。

■31.コントローラー
幅広いコントローラーに対応。

■32.Wii U用ゲームキューブコントローラー接続タップ
接続タップを使えば、GCコントローラーを使用可能。

■33.3DSをコントローラーにする

3DS版があれば、大乱闘モードに限り、3DSをコントローラーにすることも可能。

■34.3DSとの連動
3DS版のカスタマイズファイターをWii U版に引き継ぎ可能。

■35.フィギュア
3DS版は携帯機で登場したフィギュアが多め。Wii U版は設置型からのフィギュアが多め。

■36.最後の切りふだフィギュア
オールスターを指定のファイターで最後までクリアすると入手。

■37.フィギュアボックス

フィギュアを集めると、テーマに沿った組み合わせが完成。

■38.撮影スタジオ
フィギュアを自由に使い、写真を使って楽しめます。

■39.フィギュアラッシュ
2人同時プレイに対応。対戦ゲームとして遊ぶことも可能。

■40.名作トライアル

参戦ファイターたちの過去作を体験できるモードを用意。

■41.amiibo
amiiboを読み込むと、フィギュアプレイヤーとして参加。レベルが上がると強くなります。

■42.有線LAN
Wii専用LANアダプタを使用すれば、有線LANによるオンラインプレイが可能。

■43.自動お知らせ
インターネットに接続すると、お知らせや最新トピックが閲覧可能。

■44.一台でタッグ
インターネット対戦の「だれかと」において、1つのWii Uで2人タッグを組み、チームバトルに参加できます。

■45.大会
大会を自分でプロデュースできるモードを実装予定。サービスインには時間がかかるとのこと。

■46.トーナメント
最大64人の生き残りバトルを用意。

■47.Wii U GamePad
Wii U GamePadに蓄積ダメージなどの表示が可能。

■48.ペイント

ポーズをすれば写真が撮り、またGamePadでペイントすることもできます。

■49.ボイスチャット
GamePadのマイクを使い、ファイターセレクト画面と結果画面でフレンドと会話が可能。

■50.ステージ作り

自作でステージの制作が可能。世界中のプレイヤーとシェアできる機能の実装も予定。

■51.共有
写真、リプレイ、Miiファイターなどを共有できる機能も実装予定。

■52.ムービー
新ファイターの参戦ムービーを、HD画質で全て収録。

■53.特選サウンドテスト
3DS版、WiiU版の両方を購入すると、応募者全員にサウンドトラックをプレゼント。

■54.ミュウツー制作決定!!

3DS版、WiiU版の両方を購入すると、無料でダウンロード可能に。配信は2015年春頃を予定。

驚きの新発表から刺激的な提案まで多彩に飛び出した「スマブラWii Uがスゴい50の理由」。放送は既に終了していますが、現在動画として公開されているので、後ほどゆっくりとご覧になってみてはいかがでしょうか。もちろん、待ちきれない方は今すぐチェックをどうぞ。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=dk1ImnxCjPg

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』は好評発売中。価格は5,200円(税抜)です。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年12月6日発売予定。価格は、7,200円(税抜)です。

(C)2014 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Poke'mon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc. / MONOLITHSOFT
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  2. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

    Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  3. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  4. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  5. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  6. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. タッチ操作でダンジョンを探索する『セヴァード』3DS版が配信決定、詳細は後日発表

  9. 3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』紹介映像公開…新たな「ナイトメアボンビー」の勇姿も

  10. 今週発売の新作ゲーム『人喰いの大鷲トリコ』『龍が如く6 命の詩。』『Dishonored 2』『Dead Rising 4』『Miitopia』他

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top