人生にゲームをプラスするメディア

『カスタムロボ』の見城こうじ氏、自ら立ち上げたゲーム開発会社・ノイズ退職をTwitterで公表

その他 全般

『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 自らTwitterで明らかに
『カスタムロボ』シリーズなどのディレクターとして知られる見城こうじ氏が、自身の立ち上げたノイズの代表取締役を退き、同社から退職したことを自身のTwitterで明らかにしました。

見城こうじ氏は、1996年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から独立し、自らが代表取締役を務めるノイズを設立。それまで『コズモギャング・ザ・ビデオ』などアーケードゲームのディレクションを中心に活躍していましたが、ノイズ設立以降は、家庭用ゲーム機向けのゲームタイトルのディレクションを担当。1999年にニンテンドウ64ソフトとして任天堂より発売された『カスタムロボ』は、大きなヒットを記録しました。その後、同シリーズは、ニンテンドウ64、ゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、ニンテンドーDSとさまざまなハードで発売され、ノイズの代表作となります。

そんな見城こうじ氏が、ノイズの代表取締役から退き、同社からも退職したことを自身のTwitterにて明らかにしました。



1990年代に数々のアーケードヒット作を生み出し、2000年代に少年の心をわしづかみにしながら大人もしっかり楽しめる『カスタムロボ』シリーズをヒットさせた見城こうじ氏。しばらくはのんびりとした時間を過ごすとのことですが、再び世代を越えて愛されるコンテンツを生み出してくれることに期待したいと思います。18年間おつかれさまでした。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

    リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  2. 【昨日のまとめ】100万経験値獲得挑戦中の『ポケモンGO』ユーザーがBAN、『ポケモンGO』アップデート実施、『オーバーウォッチ』新マップに『DARK SOULS』シリーズおなじみのアレが…など(8/23)

    【昨日のまとめ】100万経験値獲得挑戦中の『ポケモンGO』ユーザーがBAN、『ポケモンGO』アップデート実施、『オーバーウォッチ』新マップに『DARK SOULS』シリーズおなじみのアレが…など(8/23)

  3. バルタン星人やアッガイの“腕”がクッションに!「ひとやすみ腕枕クッションシリーズ」第1弾予約開始

    バルタン星人やアッガイの“腕”がクッションに!「ひとやすみ腕枕クッションシリーズ」第1弾予約開始

  4. 『刀剣乱舞-ONLINE-』の「獅子王」が1/8フィギュア化!…これは可愛い

  5. 映画「アサシン クリード」予告編が公開…アサシンたちの流麗なアクションを見よ

  6. 『鉄拳7FR』と『太鼓の達人』がコラボ、鉄拳キャラが“立つドン”Tシャツを身に纏う!?

  7. 「planetarian」全5話無料配信決定!9月2日には前夜祭の開催も

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 新宿・渋谷に幻の存在「食パンをくわえて走る女子」出現…!新作リアル脱出ゲーム開催記念イベントで

  10. 【昨日のまとめ】リオ五輪閉会式「安倍マリオ」海外ゲーマーからも大好評、PC版『シャドウバース』DMM GAMESにて配信、「BLEACH」連載完結記念で全巻無料配信…など(8/22)

アクセスランキングをもっと見る

page top