人生にゲームをプラスするメディア

『カスタムロボ』の見城こうじ氏、自ら立ち上げたゲーム開発会社・ノイズ退職をTwitterで公表

その他 全般

『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 自らTwitterで明らかに
『カスタムロボ』シリーズなどのディレクターとして知られる見城こうじ氏が、自身の立ち上げたノイズの代表取締役を退き、同社から退職したことを自身のTwitterで明らかにしました。

見城こうじ氏は、1996年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から独立し、自らが代表取締役を務めるノイズを設立。それまで『コズモギャング・ザ・ビデオ』などアーケードゲームのディレクションを中心に活躍していましたが、ノイズ設立以降は、家庭用ゲーム機向けのゲームタイトルのディレクションを担当。1999年にニンテンドウ64ソフトとして任天堂より発売された『カスタムロボ』は、大きなヒットを記録しました。その後、同シリーズは、ニンテンドウ64、ゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、ニンテンドーDSとさまざまなハードで発売され、ノイズの代表作となります。

そんな見城こうじ氏が、ノイズの代表取締役から退き、同社からも退職したことを自身のTwitterにて明らかにしました。



1990年代に数々のアーケードヒット作を生み出し、2000年代に少年の心をわしづかみにしながら大人もしっかり楽しめる『カスタムロボ』シリーズをヒットさせた見城こうじ氏。しばらくはのんびりとした時間を過ごすとのことですが、再び世代を越えて愛されるコンテンツを生み出してくれることに期待したいと思います。18年間おつかれさまでした。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  5. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  6. 【特集】『新生活にオススメのスマホゲーム』3選―注目の通信プランも紹介!

  7. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  8. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  9. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

  10. 『聖剣伝説3』がスイッチで発売か―スクエニが公式ツイート

アクセスランキングをもっと見る