人生にゲームをプラスするメディア

『カスタムロボ』の見城こうじ氏、自ら立ち上げたゲーム開発会社・ノイズ退職をTwitterで公表

その他 全般

『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 『カスタムロボ』シリーズのディレクターで知られる見城こうじ氏がノイズを退職
  • 自らTwitterで明らかに
『カスタムロボ』シリーズなどのディレクターとして知られる見城こうじ氏が、自身の立ち上げたノイズの代表取締役を退き、同社から退職したことを自身のTwitterで明らかにしました。

見城こうじ氏は、1996年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から独立し、自らが代表取締役を務めるノイズを設立。それまで『コズモギャング・ザ・ビデオ』などアーケードゲームのディレクションを中心に活躍していましたが、ノイズ設立以降は、家庭用ゲーム機向けのゲームタイトルのディレクションを担当。1999年にニンテンドウ64ソフトとして任天堂より発売された『カスタムロボ』は、大きなヒットを記録しました。その後、同シリーズは、ニンテンドウ64、ゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、ニンテンドーDSとさまざまなハードで発売され、ノイズの代表作となります。

そんな見城こうじ氏が、ノイズの代表取締役から退き、同社からも退職したことを自身のTwitterにて明らかにしました。



1990年代に数々のアーケードヒット作を生み出し、2000年代に少年の心をわしづかみにしながら大人もしっかり楽しめる『カスタムロボ』シリーズをヒットさせた見城こうじ氏。しばらくはのんびりとした時間を過ごすとのことですが、再び世代を越えて愛されるコンテンツを生み出してくれることに期待したいと思います。18年間おつかれさまでした。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】侵略から脱衣まで!D3Pの最新3作に迫るインタビュー、『スプラトゥーン』立体パズルが登場、ヒロイン全員死亡の恋愛ADV『セヴンデイズ』制作決定…など(9/27)

    【昨日のまとめ】侵略から脱衣まで!D3Pの最新3作に迫るインタビュー、『スプラトゥーン』立体パズルが登場、ヒロイン全員死亡の恋愛ADV『セヴンデイズ』制作決定…など(9/27)

  2. 実写「ジョジョの奇妙な冒険」2017年夏公開!仗助を山崎賢人、承太郎を伊勢谷友介が演じる

    実写「ジョジョの奇妙な冒険」2017年夏公開!仗助を山崎賢人、承太郎を伊勢谷友介が演じる

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 手軽に画像をゲームボーイ風に加工!「GB Pic」でインサイドちゃんもあの懐かしい雰囲気に

  5. 「なぜ『Live2D』を選んだのか」…『FaceRig Live2D』などのクリエイターが明かすインタビュー連載がスタート

  6. 「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

  7. 1/8フィギュア「久慈川りせ アラビアンアーマー」予約開始―りせちーセクシー!

  8. コンサート「SUPER RPG ORCHESTRA」全曲目公開、「時の回廊」「スマイル アンド ティアーズ」「ビッグブリッヂの死闘」などが演奏

  9. 「クビキリサイクル」第2弾トレーラー公開…新キャラボイス、主題歌が明らかに

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る

page top