人生にゲームをプラスするメディア

Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的

ソニー PSV

Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
SCEJAは、PS Vitaタイトル『フリーダムウォーズ』のver1.20アップデートを開始しました。

このアップデートでは、PvPモードなどが実装。DL容量は119MBです。この他にも、「衣装・身体変更記録」「エイムアシスト」「追加デカール」「二級市民の特典追加」「モジュラー削除」などのコンテンツが実装されます。



◆PvPの主な仕様




■ランク
「撃破数」「蘇生数」「バトル勝利数」といったプレイヤーの行動によってポイント「CTP」が加算。「CTP」は20種類のランクが用意され、より多くの「CTP」を獲得する事でより上位のランクを獲得できます。その様子は、「個人戦技術序列」というランキングにも表示されます。

■GDPP
チームの勝敗と個人成績に応じたGDPPを入手することができます

■ゲームルール
「市民探索」と「敵軍排除」の2種類のルールが用意されていますが、どのルールになるかはランダムです。

■マップ
「砂漠(晴)」「市街地(昼)」「プラント区域1(夜)」にプラスして、新マップ「規模プラント内部」の中からランダムで選択されます。

■ダメージ補正
各武器と戦闘用アイテムで与えるダメージ値に補正がかるものがあります。値の設定は武器、アイテムごとに異なります。

■設置物
フィールドにAMOOボックスやサポートボックスは設置されません。

■荊ゲージの消費量
通常よりも、消費量が多くなります。

■荊での蘇生
荊による蘇生を行う場合、蘇生ゲージが表示されそれを満タンにすれば蘇生完了。従来のように即蘇生ではなく、1秒ほど掛かるようになりました。

■ジャミングブースター
PvP実装に伴い、敵を弱体化させる「ジャミングブースター」が実装されました。

<アンチソーン:コスト2>
荊による捕縛を無効化する。

<アンチフラッシュ:コスト2>
フラッシュGを無効化する。

<アンチジャマー:コスト2>
ジャミング状態を無効化する。

<トラップキャンセル:コスト5>
設置系のトラップの発動を無効化する。

◆プレイレポート




ついに実装されたPvPモード。その戦場は、かなりカオスでした。従来の対CPUとは異なりアクセサリーを除く全ての敵が人間ですので、通常のボランティアとは異なる立ち回り、そして戦略が必要となります。普段使わないテクニックや装備・アイテム、アクセサリーへの命令も必要になってきそうです。



また、新マップは高低さと広さがあり対人向きですが、それ以外の……特に砂漠ステージは狭い印象を受けました。そんな中、人数はアクセサリーを入れれば16人ですので、知らない間に倒される場面もしばしば。その戦場を華麗に駆け抜けるには、相当なやり込みが必要だと感じました。本作は、荊による高速かつ立体的なアクションが可能ですので、尚更です。また、いわゆる「対人装備」の準備も必要であり、モジュラーによる強化は必須と言えるでしょう。



ですが、ある程度戦えるようになれば、携帯ゲーム機としては高い水準のマルチプレイを楽しむ事ができます。戦略的でありスピーディーな対人戦。敷居は高いですが、エンドコンテンツとして見れば魅力的なモードです。



今はまだアップデートされたばかりでステージもルールも少ないですが、今後は追加や調整が行われることでしょう。そして、友人たちと最強の武器やチームとしての組み合わせを話し合ったり、お揃いの衣装を「衣装・身体変更記録」に登録したり、ボイスチャットでガチで戦うなど、新たな共闘の幕が開けようとしています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

    PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

  2. 現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

    現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

  3. 美少女従魔RPG『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』12月22日発売決定、新システム「リリィ」などの情報も

    美少女従魔RPG『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』12月22日発売決定、新システム「リリィ」などの情報も

  4. 『ニーア オートマタ』の気になるアレコレを開発者に直撃―Steamでの国内向け発売はある?

  5. ダーク戦国ACT『仁王』最新プレイムービーがお披露目!強大な妖怪たちが立ちはだかる

  6. 【レポート】“落命”に沸いた『仁王』β体験版先行体験会!『Bloodborne』開発者も戦国死にゲーに挑戦

  7. 戦国死にゲー『仁王』β体験版が配信開始!特製グッズが貰えるTwitterキャンペーンも!

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 【CEDEC 2016】ノンゲームVRコンテンツ制作裏話...『シン・ゴジラ』と『乃木坂46 VRホラーハウス』ができるまで

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る

page top