人生にゲームをプラスするメディア

『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』と『剣豪2』、本日よりPS2アーカイブスで配信開始

ソニー PS3

『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』と『剣豪2』、本日よりPS2アーカイブスで配信開始
  • 『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』と『剣豪2』、本日よりPS2アーカイブスで配信開始
  • 『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』と『剣豪2』、本日よりPS2アーカイブスで配信開始
1996年にリリースされた『ワイルドアームズ』は、プレイステーション黎明期を支えたRPGのひとつであり、後に続くシリーズの礎となった一作です。その発売から10年後に、6作目に当たる『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』がPS2にリリースされました。

SFと西部劇を融合させ、荒野と口笛が似合うRPGとして高い人気を獲得した『ワイルドアームズ』シリーズ。その記念すべき10周年作品として登場を果たした『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』は、スタッフからゲーム性まで新しい試みを詰め込んだ意欲作となり、多くのユーザーに独特の世界観を提供しました。

その『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』が、このたびPS2アーカイブスとして復活し、本日10月15日より配信を開始しました。謎めいた女性「アヴリル」の失われた記憶を取り戻すため、そしてそれぞれの夢に向かうため、少年と少女が荒野へ旅立つ物語が、今日からPS3で楽しめるようになります。

また、独特のアクション性で好評を博した『剣豪2』も、同じく本日よりPS2アーカイブスへの提供を開始しました。剣と剣の戦いをリアルに追求した本作には、「宮本武蔵」や「坂本龍馬」など歴史に名を残す剣士が約30名も登場し、緊迫感のある駆け引きを存分に楽しめます。

■PS2アーカイブス版『ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード』
・ダウンロード容量:4,258MB
・セーブデータ:約1MB
・映像出力:「NTSC」「480p」「720p」に対応
・価格:1,234円

■PS2アーカイブス版『剣豪2』
・ダウンロード容量:1,410MB
・セーブデータ:約1MB
・映像出力:「NTSC」「480p」「720p」に対応
・価格:1,200円


かつてリリースされた名作タイトルを、PS3で改めて遊ぶというのも一興かもしれません。当時を振り返りたい方から、各シリーズの魅力に触れたい人まで、この秋の夜長を活かして没頭してみてはいかがでしょうか。

(C)2006 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
(C)2000 GENKI/CRAVE
(C)2002 GENKI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

    『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  3. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

    ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

  4. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  5. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  6. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  7. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  8. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』拠点となる「空都ライン」を紹介!気になるオンライン要素も

  9. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  10. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

アクセスランキングをもっと見る