人生にゲームをプラスするメディア

gloops、年末までに6作品をスマホ向けに投入「ネイティブ市場で挽回を目指す」

ゲームビジネス 市場

gloopsが新作および事業戦略を発表
  • gloopsが新作および事業戦略を発表
  • 池田秀行社長
  • 『スカイロック -神々と運命の五つ子-』の辻口誉人プロデューサー
  • ローラさん
  • 『スカイロック -神々と運命の五つ子-』
  • 『トイズドライブ』
  • ネイティブゲームの拡大が著しい
  • gloopsでは年内に6タイトルを集中投入
ネクソングループのgloopsは事業戦略発表会を開催し、スマートフォンのネイティブゲームを順次展開していくことを明らかにしました。

ソーシャルゲームを過去40タイトル以上、延べ登録者数3000万人以上と実績を積んできたgloops。現在、市場はブラウザからネイティブに移行が進んでいますが、同社では昨年5月にリリースした『欧州クラブチームサッカー BEST☆ELEVEN』の1タイトルに留まり、「出遅れている」と池田秀行社長は指摘します。

池田氏は「もっとオモシロイを目指して」というgloopsの方向性は変わらないものの、この環境変化に対応すべく進化する必要があり、ネイティブアプリに本格参入し「遅れをとっている差を一気に縮めて先に行く」と語りました。

具体的には6タイトルを年内に展開。新しいチャレンジとなる「創る」と、gloopsが得意としてきたジャンルを「磨く」で3タイトルずつを投入します。

■磨く
・『スカイロック -神々と運命の五つ子-』
 Mobage/GREEで配信されている本格RPGがスマホに登場。
・『トイズドライブ』
 ブシロードと共同開発。「歌で戦うRPG」新感覚のタップバトルが特徴。
・「リアルタイムギルドバトル」
 gloopsが得意とするジャンルがネイティブアプリとして進化。

■創る
・「フル3Dアクションバトル」
 ネイティブアプリの表現力を活かした作品。
・「アクティブ召喚バトル」
 パズルに新たなゲーム要素を融合した作品。
・「Project: SHIFT」
 10月22日に情報公開予定。

早い段階で登場しそうなのが『スカイロック -神々と運命の五つ子-』。物語は脚本家・渡辺雄介氏、音楽は桜庭統氏、声優には大塚明夫氏、下野紘氏、沢城みゆき氏らが参加する本格派のRPGです。ハイクオリティな3Dグラフィックで展開される重厚なストーリー、魅力的なキャラクター、臨場感あふれるバトルに注目です。

タレントのローラさんを起用したテレビCMも放送が決定。『スカイロック』に登場する魔者(マモノ)「イシュタル」に扮したローラさんが壮大な世界観を伝えてくれます。本作は15日より事前登録が開始されています。☆6のキャラクターが手に入る豪華特典がありますので、是非チェックを。

今年も残るところ3ヶ月を切ったわけですが、一挙に6作品を投入してくるgloops。池田氏の話にもあったように、ネイティブ市場では出遅れた同社ですが、数々のヒット作品を生み出してきた資産を活かして、どのように成功を掴んでいくのか。今後の情報公開が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  2. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  3. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  4. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  5. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

  8. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  9. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  10. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

アクセスランキングをもっと見る