人生にゲームをプラスするメディア

gloops、年末までに6作品をスマホ向けに投入「ネイティブ市場で挽回を目指す」

ゲームビジネス 市場

gloopsが新作および事業戦略を発表
  • gloopsが新作および事業戦略を発表
  • 池田秀行社長
  • 『スカイロック -神々と運命の五つ子-』の辻口誉人プロデューサー
  • ローラさん
  • 『スカイロック -神々と運命の五つ子-』
  • 『トイズドライブ』
  • ネイティブゲームの拡大が著しい
  • gloopsでは年内に6タイトルを集中投入
ネクソングループのgloopsは事業戦略発表会を開催し、スマートフォンのネイティブゲームを順次展開していくことを明らかにしました。

ソーシャルゲームを過去40タイトル以上、延べ登録者数3000万人以上と実績を積んできたgloops。現在、市場はブラウザからネイティブに移行が進んでいますが、同社では昨年5月にリリースした『欧州クラブチームサッカー BEST☆ELEVEN』の1タイトルに留まり、「出遅れている」と池田秀行社長は指摘します。

池田氏は「もっとオモシロイを目指して」というgloopsの方向性は変わらないものの、この環境変化に対応すべく進化する必要があり、ネイティブアプリに本格参入し「遅れをとっている差を一気に縮めて先に行く」と語りました。

具体的には6タイトルを年内に展開。新しいチャレンジとなる「創る」と、gloopsが得意としてきたジャンルを「磨く」で3タイトルずつを投入します。

■磨く
・『スカイロック -神々と運命の五つ子-』
 Mobage/GREEで配信されている本格RPGがスマホに登場。
・『トイズドライブ』
 ブシロードと共同開発。「歌で戦うRPG」新感覚のタップバトルが特徴。
・「リアルタイムギルドバトル」
 gloopsが得意とするジャンルがネイティブアプリとして進化。

■創る
・「フル3Dアクションバトル」
 ネイティブアプリの表現力を活かした作品。
・「アクティブ召喚バトル」
 パズルに新たなゲーム要素を融合した作品。
・「Project: SHIFT」
 10月22日に情報公開予定。

早い段階で登場しそうなのが『スカイロック -神々と運命の五つ子-』。物語は脚本家・渡辺雄介氏、音楽は桜庭統氏、声優には大塚明夫氏、下野紘氏、沢城みゆき氏らが参加する本格派のRPGです。ハイクオリティな3Dグラフィックで展開される重厚なストーリー、魅力的なキャラクター、臨場感あふれるバトルに注目です。

タレントのローラさんを起用したテレビCMも放送が決定。『スカイロック』に登場する魔者(マモノ)「イシュタル」に扮したローラさんが壮大な世界観を伝えてくれます。本作は15日より事前登録が開始されています。☆6のキャラクターが手に入る豪華特典がありますので、是非チェックを。

今年も残るところ3ヶ月を切ったわけですが、一挙に6作品を投入してくるgloops。池田氏の話にもあったように、ネイティブ市場では出遅れた同社ですが、数々のヒット作品を生み出してきた資産を活かして、どのように成功を掴んでいくのか。今後の情報公開が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

  7. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  8. カプコン、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 家庭用ゲーム機タイトルが振るわず純利益は前年比減

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

アクセスランキングをもっと見る

page top