人生にゲームをプラスするメディア

「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場

その他 全般

「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場
  • 「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場
  • 「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場
  • 「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場
  • 「PSコントローラー型」イヤホンジャックにスケルトンver.が登場
SCEJAは、ライセンス商品である「“プレイステーション”コントローラー型 イヤホンジャックマスコット2 スケルトンver.」が、全国のカプセルマシーンにて導入されたことを明かしました。

初代プレイステーション20周年を記念するアイテムとして、今年の3月に登場した「プレイステーション コントローラー型 イヤホンジャックマスコット」。ユーザーにとってお馴染みのPSアナログコントローラーを模したこのアイテムは、差し込み口も本体仕様を再現したこだわりのデザインとなっており、大きな反響を獲得しました。

そのイヤホンジャックマスコットに、ファン待望のシリーズ第2弾商品の登場が決定。人気のスケルトンカラーとなる本アイテムは、カプセルフィギュアという販売形態で全国に展開されます。

◆“プレイステーション”コントローラー型イヤホンジャックマスコット2 スケルトンver.


“プレイステーション”のコントローラーのひとつ、「アナログコントローラ(DUALSHOCK 2)」を再現した、イヤホンジャックマスコット。30mmという極小サイズなのに、細部にまでこだわった一品。バリエーションは6色を用意しており、お気に入りの1つをゲットしましょう。

■商品名:“プレイステーション”コントローラー型 イヤホンジャックマスコット2 スケルトンver.
■販売価格:300円(1回)
■販売形態:カプセルフィギュア
■発売元:ユニオンクリエイティブ

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


(C)Sony Computer Entertainment Inc.
※ 「プレイステーション」、「PlayStation」および「DUALSHOCK」はソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  10. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る