最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

来年終了する「PlayStation Home」の開発者、PS4向け仮想空間の開発を計画中

来年終了する「PlayStation Home」の開発者、PS4向け仮想空間の開発を計画中

2014年10月14日(火) 11時52分
  • 来年終了する「PlayStation Home」の開発者、PS4向け仮想空間の開発を計画中の画像
    来年終了する「PlayStation Home」の開発者、PS4向け仮想空間の開発を計画中

残念ながら2015年3月31日を以てサービス終了が決定したPS3ユーザー向け仮想空間「PlayStation Home」。同サービスの開発に携わっていた開発者達が新たにPS4向け仮想空間「Neotopia」の構築を計画し、その開発資金をKickstarterで募集しています。

「Neotopia」プロジェクトを進めているのは、PC向けゲーム「All Zombies Must Die」を手がけたDavid Dow氏とMark Jagger氏、「PlayStation Home」の企業タイアップエリアなどを手がけていたEd Gladwin氏ら5名の開発者です。

「Neotopia」は「PlayStation Home」と同様にカスタマイズ可能なアバターと自分の部屋があり、公共エリアがある3D仮想空間で以下の機能が実装されます。

■主な機能
・他のユーザーとテキストチャットやボイスチャットで交流
・グループの作成
・イベントやゲームへの参加
・仮想通貨を使ってショッピン

開発にはゲームエンジン「Unreal Engine 4」を使用予定で、必要な開発資金は25万英ポンド(約4,352万円)。プロジェクトの締め切りは11月1日までです。

記事提供元: vsmedia

(Article written by vsmedia)

ソニーアクセスランキング