最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「Red Bull」飲んでも“翼は授けられなかった”として、アメリカで集団訴訟…1人当たり10ドルの返金 or 15ドル相当の「Red Bull」を受取る権利で和解

「Red Bull」飲んでも“翼は授けられなかった”として、アメリカで集団訴訟…1人当たり10ドルの返金 or 15ドル相当の「Red Bull」を受取る権利で和解

2014年10月10日(金) 21時25分
  • 「Red Bull」飲んでも“翼は授けられなかった”として、アメリカで集団訴訟…1人当たり10ドルの返金 or 15ドル相当の「Red Bull」を受取る権利で和解の画像
    「Red Bull」飲んでも“翼は授けられなかった”として、アメリカで集団訴訟…1人当たり10ドルの返金 or 15ドル相当の「Red Bull」を受取る権利で和解

MashableやBuzzfeedなどの海外メディアは、虚偽広告として集団訴訟を起こされていたエナジードリンク「Red Bull」が和解したと報じました。

ゲームの大会「Red Bull 5G」やゲーム音楽を伝える「Diggin’ in the Carts」など、ゲーム分野にも力を入れている「Red Bull」。今回起訴の理由の元となったのは、「翼を授ける」というキャッチコピーです。

本件を担当した法律事務所は、カフェインなどの成分によりパフォーマンスが向上すると謳っているのにもかかわらず、その効果は見られない。さらに、コーヒー1杯よりもカフェインが少なく研究結果を無視していると主張し、集団訴訟を起こしました。

その結果、Red Bull社は1300万ドルの支払いで和解。広告に問題はないものの、これ以上の費用と弊害を防ぐためとしています。これにより、2002年1月1日以降に「Red Bull」を購入したアメリカ在住の消費者は、団訴訟の原告団に参加することで10ドルの現金を受け取る事ができます。なお、返金の上限は1300万ドルであり、これを超えると一人当たりの額が減少。現金のほかにも、15ドル相当の「Red Bull」を受け取るという選択肢もあります。

(Article written by 栗本 浩大)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

その他アクセスランキング