人生にゲームをプラスするメディア

『フリーダムウォーズ』ver1.20にて、武器のモジュラーの削除が可能に! その他の詳細も発表

ソニー PSV

『フリーダムウォーズ』ver1.20にて、武器のモジュラーの削除が可能に! その他の詳細も発表
  • 『フリーダムウォーズ』ver1.20にて、武器のモジュラーの削除が可能に! その他の詳細も発表
  • 『フリーダムウォーズ』ver1.20にて、武器のモジュラーの削除が可能に! その他の詳細も発表
SCEJAは、PS Vitaソフト『フリーダムウォーズ』にて実施する大型アップデート第2弾の詳細を発表しました。

徹底された管理社会が敷かれる近未来にて、「生まれてきた罪」として100万年の懲役を科せられる人類がその罪を軽減し自由を手にするべく「ボランティア」と呼ばれる戦いに身を投じる、"奪還"アクションゲーム『フリーダムウォーズ』。

その世界観にも合致する「PvP(対戦モード)」や、新たな遊び方を拡げてくれる「イデオロギー戦」などが実装されるアップデート「ver1.20」の配信が10月16日に行われますが、その他の詳細がこのたび明らかとなりました。

◆大型アップデート「ver1.20」詳細


■1)衣装・身体変更記録
「咎人やアクセサリのカスタマイズのマイセットがほしい」という要望に対応し、今回から加わるこの新機能。この機能を使用することで、カスタマイズした咎人(トガビト)とアクセサリを、それぞれ30通り登録できるようになります。

■2)エイムアシスト
こちらは、銃をより狙いやすくするためのサポート機能です。遠距離武器を使用しているときにRボタンを押すと、狙いを定める画面「エイムモード」に切り替わりますが、この狙いを定める際にサポートしてくれる機能となります。具体的な効果としては、エイムモードにした時に照準の近くに敵がいた場合、照準を自動的に的の中に収めてくれます。

サポートしてくれる範囲は照準の周辺程度となりますが、細かなカメラ操作をせずに狙いを定められるようになるため、遠距離武器が苦手な人の助けになる機能と言えます。

■3)追加デカール
新しいデカールが追加されます。

■4)二級市民の特典追加
100万年の懲役を終え、二級市民へ昇格された方への要素が増えます。ひとつは、咎人にもアクセサリ服が着れるようになるもの。ふたつめは、フェローカードのモーション追加です。これらの実装で、より個性的な見た目やフェローカードの作成が可能となります。

■5)モジュラー削除
使用している武器に付属しているモジュラーを任意に削除することが可能に。第6階層のセルガーデンでフラタニティに話しかけることで、好きなモジュラーを削除することができます。ただし、それなりの恩赦ポイントが必要となるのでご注意ください。

この機能の追加により、武器改良で付加されたマイナス属性のモジュラーを削除することができるようになるため、武器の強化がしやすくなります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


攻略に関する重要な要素になるものから、利便性を向上してくれるものまで、見逃せない数々の機能や要素が追加されるアップデート「ver1.20」。10月16日の正午頃から配信予定となっているので、来週の配信日を楽しみにお待ちください。

『フリーダムウォーズ』』は、好評発売中。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,800円(税抜)です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『フィリスのアトリエ』発売日決定

    『フィリスのアトリエ』発売日決定

  2. コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

    コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

  3. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

    カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  4. 『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

  5. 『フィリスのアトリエ』新キャラ「イルメリア(CV金子彩花)」「レヴィ(CV寺島惇太)」発表!錬金術システムの情報も

  6. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  7. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  8. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  9. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  10. 『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

アクセスランキングをもっと見る

page top