人生にゲームをプラスするメディア

『クラブニンテンドーピクロス+』配信開始!クラブニンテンドー最後のプラチナ会員特典 ― 早速プレイレポをお届け

任天堂 3DS

プラチナ会員特典『クラブニンテンドーピクロス+』配信開始
  • プラチナ会員特典『クラブニンテンドーピクロス+』配信開始
  • 紹介サイトのスクリーンショット
  • タイトル画面、充実のゲームモード
  • すべて任天堂にまつわる150問以上の問題を収録
  • 初心者から上級者まで幅広い問題でカバー
  • ポイント交換でもらえる『クラブニンテンドーピクロス』もオススメ
任天堂は、クラブニンテンドー2014年度プラチナ会員特典のニンテンドー3DSダウンロードソフト『クラブニンテンドーピクロス+』を配信開始しました。

『クラブニンテンドーピクロス+』は、クラブニンテンドー2014年度プラチナ会員特典として配信されているニンテンドー3DSダウンロードソフトです。『ピクロスe』シリーズをベースに、任天堂キャラクターをモチーフにした問題を収録。おなじみの「ピクロス」、複数の問題を解いて巨大なイラストを完成させる「ミクロス」、2列にまたがるメガ数字が登場する高難度問題「メガピクロス」の3つのゲームモードを収録しています。

本日より配信が開始されたばかりの『クラブニンテンドーピクロス+』を早速プレイしてみました。


◆初心者から上級者まで楽しめる


■はじめて遊ぶ人に安心のチュートリアル
「ピクロス」の基本的なルールや解き方がわかりやすく解説されるチュートリアルが初プレイ時に表示されます。また、タイトル画面のメニューから同チュートリアルをいつでも確認することが可能です。

■かなりボリューミーな内容
基本的なルールで簡単な問題から難しい問題まで収録している「ピクロス」が105問、「ピクロス」の組み合わせでひとつの巨大なイラストを完成させる「ミクロス」が3問(1問につき8×8の全体問題、それに対応した箇所分の10×10の詳細問題なので、問題数としてはかなりのボリュームです)、2列にまたがるメガ数字の登場でより難解な「メガピクロス」が45問、合計153問を楽しめます。

■問題はすべて「任天堂」にまつわるモノから
任天堂のゲームに登場するキャラクターやアイテムから、ゲーム周辺機器や、さらにはおもちゃなど、問題はとにかく任天堂づくし。かなりマニアックな答えもあるようなので、一筋縄にはいきません。『スマブラ』をやってるぐらいでは任天堂のすべてを語り尽くせないのです!

■タッチペン派?ボタン派?いつでも切り替えOK
タッチペンでのプレイに便利なイメージがあるピクロスですが、移動中などの合間ではボタン操作の方がありがたい・・・。そんなプレイヤーも安心の本作は、タッチペン操作、ボタン操作、両方に対応。スタートボタンでメニューを開けばいつでも切り替えることが可能です。昔から『ピクロス』をプレイしてきたプレイヤーはボタン操作の方が安心だったりします(筆者もです 笑)。


◆『クラブニンテンドーピクロス+』のダウンロード方法


ダウンロード条件:クラブニンテンドーにて2014年度プラチナ会員であること

ダウンロード方法:
・クラブニンテンドーのウェブサイトにログイン
・「申し込んだオリジナルグッズ」を確認
・申し込み商品名「クラブニンテンドーピクロス+ ダウンロード番号」があるので【引き換え番号】をチェック
・ニンテンドー3DSのニンテンドーeショップを立ち上げる
・「メニュー」>「ソフトの引き換え」のダウンロード番号に16桁の【引き換え番号】を入力

使用ブロック数:161ブロック

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ちなみに2014年度プラチナ会員ではない人でも、クラブニンテンドーからしか手に入れることができないニンテンドー3DSダウンロードソフト、今回配信された『クラブニンテンドーピクロス+』の前身にあたる『クラブニンテンドーピクロス』なら、80ポイントで交換が可能です。こちらも任天堂をテーマにした問題ばかりなので、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

期待を裏切らない充実のボリュームで、王道からマニアックなものまで幅広い問題を収録している本作。2014年度プラチナ会員の方はぜひダウンロードしておきましょう。

『クラブニンテンドーピクロス+』は、非売品です。

(C)2014 Nintendo (C)2014 Jupiter
HAL Laboratory,Inc / INTELLIGENT SYSTEMS

※掲載画像の一部は、ゲーム機本体の画面を直接デジタルカメラで撮影したものです。色味などが実際のゲームと異なる場合があります。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る