人生にゲームをプラスするメディア

「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開

その他 アーケード

「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開
  • 「スターウォーズ」のドーム型アーケードゲーム、来年1月より世界規模で展開

バンダイナムコゲームスは、映画「スター・ウォーズ」を題材にしたアーケード用ドームスクリーン型ハイスピードSTG『STAR WARS BATTLE POD (スター・ウォーズ バトル ポッド)」を、2015年1月の米国へのリリースを皮切りに、ワールドワイドに向けて展開すると発表しました。

SF映画史を語る上で決して外せない名作「スター・ウォーズ」が与えた影響は凄まじく、興行収入などはもちろんのこと、世界中に多くの熱狂的なファンを生み出したことでも知られています。その勢いはスクリーンの中だけに留まらず、様々な書籍や多彩なゲーム化など、幅広い展開を実現しました。


そんな「スター・ウォーズ」のゲーム化として最新作となる『STAR WARS BATTLE POD』は、全身が映像に包まれるドームスクリーンにより、映画に登場する「X-WING」や「MILLENNIUM FALCON」、「TIE ADVANCED」などのパイロットとなり、「スター・ウォーズ」の世界に入り込んだような臨場感や浮遊感を全身で体験することができる、アトラクションタイプのシューティングゲームです。


ファンなら誰もが興奮するような、映画「スター・ウォーズ」のエピソード4~6で描かれた激戦を再現した5つのステージを収録。 爆発や破壊の衝撃を感じる体感ギミックも多数搭載しており、映画の名場面を実際に体験しているような高揚感を味わえます。

かつてない「スター・ウォーズ体験」が味わえる『STAR WARS BATTLE POD』。まずは来年の1月に米国へリリースされ、以後ワールドワイドに展開していくとのこと。日本に上陸する日が今から楽しみですね。


◆製品概要



■製品名:『STAR WARS BATTLE POD』
■ジャンル:ドームスクリーン型ハイスピードシューティングゲーム
■稼働開始日:米国/2015年1月稼働開始予定 日本・アジア・欧州/稼働時期未定
■プレイ人数:1人

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


STAR WARS (C) & TM 2014 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  2. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

    人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  3. figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

    figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

  4. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  5. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  6. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  7. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  8. 【WF2016冬】「Fate」シリーズ新作フィギュアまとめ…ジャンヌ・ダルク、セイバー和服、マスターアルトリアなど

  9. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る