人生にゲームをプラスするメディア

海外雑誌「Official Nintendo Magazine」が廃刊、発行元はWebメディアに注力へ

ゲームビジネス その他

2002年に出版社EMAPにて創刊し、その後Future Publishingより刊行されていた「Official Nintendo Magazine」が廃刊となることが発表されました。

任天堂関連の情報を中心に紹介してきた同誌ですが、発表した内容によると「任天堂は今後、Nintendo Directや我々のソーシャルメディア、オンラインチャネル、イベントなどを通じてファンに情報を発信してゆく」とのことです。

2014年10月14日に発売される114号をもって廃刊となる「Official Nintendo Magazine」。出版元であるFuture Publishingは「EDGE」、「CVG」、「gamesradar」などの総合的なゲーム情報を発信する大手メディアを保有するだけでなく、他にも「Official PlayStation Magazine」、「Official Xbox Magazine」などといった、各ハードに特化したメディアも残っています。またゲームのみならず映画や音楽、写真、デザインなどのジャンルのメディアをWEB、紙媒体共に展開しています。

同社は1988年に創刊された著名な海外ゲーム誌「Nintendo Power」の出版も行っていましたが、2012年に廃刊。海外ファンは紙媒体ではなくWEBメディアを通じて、任天堂関連の情報を集めるユーザーが増えてきたのかもしれません。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

    「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

  3. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  7. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  10. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

アクセスランキングをもっと見る

page top