人生にゲームをプラスするメディア

海外雑誌「Official Nintendo Magazine」が廃刊、発行元はWebメディアに注力へ

ゲームビジネス その他

2002年に出版社EMAPにて創刊し、その後Future Publishingより刊行されていた「Official Nintendo Magazine」が廃刊となることが発表されました。

任天堂関連の情報を中心に紹介してきた同誌ですが、発表した内容によると「任天堂は今後、Nintendo Directや我々のソーシャルメディア、オンラインチャネル、イベントなどを通じてファンに情報を発信してゆく」とのことです。

2014年10月14日に発売される114号をもって廃刊となる「Official Nintendo Magazine」。出版元であるFuture Publishingは「EDGE」、「CVG」、「gamesradar」などの総合的なゲーム情報を発信する大手メディアを保有するだけでなく、他にも「Official PlayStation Magazine」、「Official Xbox Magazine」などといった、各ハードに特化したメディアも残っています。またゲームのみならず映画や音楽、写真、デザインなどのジャンルのメディアをWEB、紙媒体共に展開しています。

同社は1988年に創刊された著名な海外ゲーム誌「Nintendo Power」の出版も行っていましたが、2012年に廃刊。海外ファンは紙媒体ではなくWEBメディアを通じて、任天堂関連の情報を集めるユーザーが増えてきたのかもしれません。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  7. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  8. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  9. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  10. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

アクセスランキングをもっと見る

page top