人生にゲームをプラスするメディア

『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が

ソニー PSV

『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が


9月25日に発売したスパイク・チュンソフトのPS Vitaタイトル『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』(以下、絶対絶望少女)のレビューをお届けします。

まず最初に、『絶対絶望少女』はプレイヤーによって大きく評価が分かれるゲームです。筆者の立ち位置としては、『1』『2』をPSPでプレイしてアニメも観賞済みですが、“とびきり好き”というわけではなく、数ある好きなタイトルのうちの一つというレベル。そんな筆者が評価するに、「ダンガンロンパ」としては間違いなく面白いのですが、ゲームとしての面白さは……それほど感じませんでした。

◆ダンガンロンパとしての『絶対絶望少女』




『絶対絶望少女』は、“ダンガンロンパ Another Episode”と付いてはいるものの、『ダンガンロンパ』シリーズの最新作として申し分ない1本です。過去作では学園が舞台でしたが、それが街、いや世界にまで拡大。より壮大なスケールで絶望が描かれ、「モノクマ」を3D空間に解き放ってしまった恐怖感も味わえます。



そして今回描かれる子どもの狂気は、題材として非常にマッチしており、ストーリー後半で描かれる大人の狂気を引き立てる要素にもなっています。大人と子供、この異なる狂気とそれを裏で管理する存在、それに立ち向かう主人公たち。それら全てを「絶望」というテーマでまとめている為、面白くないはずがないのです。



より具体的に見ていくと、キャラクター一人ひとりの脚本や、こまると腐川の掛け合い、所々に散りばめられたパロディーネタはどれも『ダンガンロンパ』らしさを感じました。沢城みゆきさんが「ブヒブヒ」言う作品もそうありませんからね。



また、お仕置きシーンでお馴染みの2.5Dムービパートや、アニメの監督も務めた岸誠二氏のアニメパート、そして3Dムービーパートや会話パートなど、各シーンに適した演出を使い分けていたのも好印象です。

◆ゲームとしての『絶対絶望少女』




ただし、肝心のTPSパートに面白さは感じられませんでした。言弾を切り替える・撃つ・構える・狙うという一連の行動は味気なく、シューターやアクションゲームというよりも、プレイ感覚はパズルゲーム。難易度も複数用意されていますが、変わるのはパズルを強引に解く方法の度合いです。



またTPSパートとそれ以外のパートがリンクしておらず、テンポの悪さも感じました。その結果、TPSパートは魅力的なストーリーを見るための作業となり、筆者に「『絶対絶望少女』はゲームじゃなくても面白かっただろう」という結論を出させました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

これらが“評価が分かれる”理由です。『絶対絶望少女』を「ダンガンロンパ」として見るか、ゲームとして見るか。貴方はどちらとして見ますか?
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

    『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  3. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

    PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  4. エンディングが分岐するVR映画『眠れぬ魂』4月上旬リリース…森の奥に眠る真実にPSVRで迫れ

  5. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  6. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』に新ジョブ「侍」登場! 「必殺剣」を使う近接物理DPSに…冒険の舞台や新たなる物語の情報も

  7. 『オメガラビリンス』は手でヌケて“言葉責め”することも可能!ローグライク要素が続々判明

  8. 【インタビュー】“おっぱい”と口にすると胸が膨らんじゃうプロデューサーに『オメガラビリンス』の魅力をたっぷり訊いた

  9. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  10. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

アクセスランキングをもっと見る