人生にゲームをプラスするメディア

『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が

ソニー PSV

『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が
  • 『絶対絶望少女』レビュー ダンガンロンパとしては最高に面白い…が


9月25日に発売したスパイク・チュンソフトのPS Vitaタイトル『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』(以下、絶対絶望少女)のレビューをお届けします。

まず最初に、『絶対絶望少女』はプレイヤーによって大きく評価が分かれるゲームです。筆者の立ち位置としては、『1』『2』をPSPでプレイしてアニメも観賞済みですが、“とびきり好き”というわけではなく、数ある好きなタイトルのうちの一つというレベル。そんな筆者が評価するに、「ダンガンロンパ」としては間違いなく面白いのですが、ゲームとしての面白さは……それほど感じませんでした。

◆ダンガンロンパとしての『絶対絶望少女』




『絶対絶望少女』は、“ダンガンロンパ Another Episode”と付いてはいるものの、『ダンガンロンパ』シリーズの最新作として申し分ない1本です。過去作では学園が舞台でしたが、それが街、いや世界にまで拡大。より壮大なスケールで絶望が描かれ、「モノクマ」を3D空間に解き放ってしまった恐怖感も味わえます。



そして今回描かれる子どもの狂気は、題材として非常にマッチしており、ストーリー後半で描かれる大人の狂気を引き立てる要素にもなっています。大人と子供、この異なる狂気とそれを裏で管理する存在、それに立ち向かう主人公たち。それら全てを「絶望」というテーマでまとめている為、面白くないはずがないのです。



より具体的に見ていくと、キャラクター一人ひとりの脚本や、こまると腐川の掛け合い、所々に散りばめられたパロディーネタはどれも『ダンガンロンパ』らしさを感じました。沢城みゆきさんが「ブヒブヒ」言う作品もそうありませんからね。



また、お仕置きシーンでお馴染みの2.5Dムービパートや、アニメの監督も務めた岸誠二氏のアニメパート、そして3Dムービーパートや会話パートなど、各シーンに適した演出を使い分けていたのも好印象です。

◆ゲームとしての『絶対絶望少女』




ただし、肝心のTPSパートに面白さは感じられませんでした。言弾を切り替える・撃つ・構える・狙うという一連の行動は味気なく、シューターやアクションゲームというよりも、プレイ感覚はパズルゲーム。難易度も複数用意されていますが、変わるのはパズルを強引に解く方法の度合いです。



またTPSパートとそれ以外のパートがリンクしておらず、テンポの悪さも感じました。その結果、TPSパートは魅力的なストーリーを見るための作業となり、筆者に「『絶対絶望少女』はゲームじゃなくても面白かっただろう」という結論を出させました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

これらが“評価が分かれる”理由です。『絶対絶望少女』を「ダンガンロンパ」として見るか、ゲームとして見るか。貴方はどちらとして見ますか?
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7 レジデントイービル』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

    『バイオハザード7 レジデントイービル』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  2. PS4「Ustream」サポート終了へ…ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポート終了へ…ゲーム配信/視聴が不可に

  3. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

    【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  4. とあるPSNユーザー、世界情勢の変化により本名アカウントがBANされる

  5. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  6. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  7. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  8. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  9. 『聖剣伝説』シリーズ25周年記念セール開催!『FF外伝』『2』『LOM』が割引価格に

  10. 『Fate/EXTELLA』ワダアルコ描き下ろし店舗別特典イラスト公開、ネロやアルトリアの素肌が眩しい

アクセスランキングをもっと見る

page top