人生にゲームをプラスするメディア

インドネシアで「ガンプラ」!?その展示理由とは

その他 玩具

【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
ジャカルタモーターショーには、部品メーカーの出展も盛況。自動車メーカーがひしめく展示ホールを出て屋外展示を眺めていたら、「ガンプラ」(ガンダムのプラモデル)を展示しているブースを発見した。

気になってよく見てみると、展示されていたガンプラは6体。いずれも緻密なディテールを持ち、どうやらカスタマイズされているらしい。いったいなぜモーターショーでガンプラを展示しているのだろうか?

これは「BM1」というオイルブランドを展開するビルメガー・アバディ社のブース。同社はジャカルタを本拠地とし、自動車やオートバイ用、それに産業用などさまざまな潤滑オイルを製造販売している。そしてガンプラは、同社が開催したガンプラカスタムコンテストの上位6作品なのだという。

どうしてコンテストを?という質問には「品質に自信は持っているのだが、欧米の有名ブランドに比べると、知名度やブランドイメージといった部分がまだまだ及ばない。そこで少しでも多くの人にBM1というブランドを知ってもらい、親しみを持ってもらうためにコンテストを開催することにした」との回答。

そして開催理由よりもさらに気になるのが、なぜガンプラなのか?ということだ。それは「バンダイのガンプラはインドネシアでもメジャーなホビーで、タミヤとともに幅広い年齢層に親しまれているから」だとか。まだ運転免許を取得できない子供の興味をひきつけ、将来の顧客を育てることにつなげることができる、というのも理由だったという。

レギュレーションは、作品のどこかに必ずBM1のロゴを入れること、そしてカラーリングにコーポレートカラーのブルー/イエローをあしらうこと、という2点のみ。

なおこのコンテストはバンダイの承認を得ており、展示された作品の選考には川口克己氏(ガンプラ名人として知られるバンダイ社員)も審査に参加したとのことだ。最終結果はモーターショー来場者による一般投票で決定するという。

ちなみに、いろいろ説明してくれた社員のイチ推しは、ガレージでメンテナンスを待つ「ベアッガイ」。「ベアッガイがいちばんkawaiiでしょ!」ということだった。

【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは

《古庄 速人@レスポンス》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

    「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  4. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  5. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  6. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  7. TRIGGER制作「リトルウィッチアカデミア」TVアニメ化決定

  8. レベルファイブ、クロスメディアシリーズ第5弾を7月発表!イメージアートをお届け

  9. E3の振り返り、そして編集長退任します【オールゲームニッポン 第34回】

  10. 1億5000万回再生の恐怖映像「ライト/オフ」が映画化!シーンカット画像が到着

アクセスランキングをもっと見る

page top