人生にゲームをプラスするメディア

【白猫攻略】スタミナなしで遊びまくれる王道RPG『白猫プロジェクト』プレイレビュー(第1回)

モバイル・スマートフォン iPhone

『白猫プロジェクト』
  • 『白猫プロジェクト』
  • 主人公は冒険家を夢見る少年
  • 「ぷにコン」を駆使して強敵を倒せ!
  • ダンジョン内にはトラップも
  • キャラクターを強化する「ソウルボード」
  • 自分だけの街作り
  • 建設はメリットいっぱい
『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』を送り出したコロプラが手がけたワンフィンガーRPG『白猫プロジェクト』。攻略第1回として、プレイレビューをお届けします。

白猫が登場するCMでもお馴染みの本作は、「白猫」と「黒猫」をめぐる物語が展開するアクションRPGです。しかし、同社の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』の続編というわけではありません。古き良き時代のゲームを感じさせる王道RPGに仕上がっています。

◆特徴は「ぷにコン」と「スタミナ制廃止」


何よりも先に紹介しなければいけないのは、『白猫プロジェクト』の魅力となっている「ぷにコン」と「スタミナ制廃止」の2つです。この2つを語らずして、本作を語ることはできません。

まず、コロプラが次世代インターフェイスと謳っている、「ぷにコン」の魅力から。本作が指一本で操作できるワンフィンガーRPGとして成立しているのは、この「ぷにコン」のおかげです。『白猫プロジェクト』には、ヴァーチャルパッドがありません。画面の好きな場所で、移動、攻撃、回避、スキル発動などのすべての動作が、指一本で可能になっています。指を置いた場所がコントローラーになるイメージです。縦持ち、指一本で操作できることから、ゴロリと横になっていてもサクサクとプレイが可能。ゴロゴロプレイ推奨アプリと言えるんじゃないかと、勝手に思っています。

もう一つの魅力「スタミナ制廃止」は、夢のシステムです。プレイに制限をかける要素として、スマホゲームのほとんどに採用されている「スタミナ」がないおかげで、コンシューマゲームのように好きなだけプレイすることができます。コレは、食事と睡眠時間を侵食する危険性大! やめどきがわかりません。

◆ボイス付きストーリーとバトル



主人公は冒険家を夢見る少年


序盤の物語は、フルボイスで進みます。主人公以外の登場キャラクターがこれでもかと喋り倒すストーリーに引き込まれ、気がつけば『白猫プロジェクト』の世界にどっぷりと浸かっているハズ。プレイヤーは冒険家を夢見る主人公の少年となって、プレイしていくことになります。

「ぷにコン」を駆使して強敵を倒せ!


ストーリーパートが終了すると、バトルに突入。アクションRPGである本作では、キャラクターを操作して敵を倒していきます。操作は……。そうです、さきほども紹介した「ぷにコン」で! パーティーは最大4人。敵によって弱点が違うので、キャラクターを切り替えながら戦いを進めていきます。

ダンジョン内にはトラップも


クエストによっては、ダンジョン内にトラップが仕掛けられていることも。先に進むためには、頭を使うシーンも出てきます。簡単なクエストから始まり、徐々に難しくなっていくクエストはやり応えアリ。スタミナがないので、全滅しても何度でもトライできます。

◆キャラクター強化と街作り



キャラクターを強化する「ソウルボード」


キャラクターは、バトルでは成長しません。強化には、「ソウルボード」というシステムを使います。「ソウルボード」上の伸ばしたい能力を選択し、バトルでドロップする「ソウル」と「ルーン」と呼ばれるアイテムを消費することでキャラクターを強化。自分が伸ばしたい能力から、強化していくことができます。さらに、キャラクター以外に武器も強化可能です。

自分だけの街作り


本作では、自分だけの「街」を作ることができます。街作りでは、ゴールドを得られる「金鉱」やキャラクターを強化する「訓練所」などを、建設することができます。

建設はメリットいっぱい


一般的に、プレイヤーランクを上げることでアップする「デッキコスト」や「フォロー人数上限」も、施設の建設で上げていくことになります。


『白猫プロジェクト』は、キャラクター強化に武器強化、さらに街作りとやり込み度抜群。やりたくなることがたくさんあるので、どこから手を付けようか迷ってしまうほどです。リッチな作りのせいか、スマホのバッテリーがガンガン減っていきますが、プレイする手を止めることができません。

来週からは、そんな時間泥棒の本作をドドーンと攻略。睡眠不足になりつつ、お役立ち情報をお届けしたいと思います。

『白猫プロジェクト』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C) COLOPL, Inc.

byさかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。最近はAndroidにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FE ヒーローズ』に新英雄参戦! 『聖戦の系譜』エルトシャンや『暁の女神』サナキなどが登場

    『FE ヒーローズ』に新英雄参戦! 『聖戦の系譜』エルトシャンや『暁の女神』サナキなどが登場

  2. 『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表

    『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表

  3. 『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

    『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

  4. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  5. 【特集】ゴブリン転生RPG『リ・モンスター』で最弱から成り上がれ!魅力を総まとめ

  6. 『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

  7. 【特集】『スマホ/タブレット向け硬派海外RPG』10選

  8. 中国の人気アプリ『陰陽師』が凄い ― 平安時代の日本が舞台、有名声優多数起用でセリフは全て日本語

  9. 『チェインクロニクル3』公式ニコ生「チェンクロ 2017 春の陣」開催…『アトリエ』コラボ復刻イベントも開催

  10. 【インタビュー】『囚われのパルマ』キャラデザ実田千聖に迫る ― 厚塗りに隠された苦労とは

アクセスランキングをもっと見る