人生にゲームをプラスするメディア

『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開

ソニー PS4

『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
  • 『お姉チャンバラZ2』彩と咲の真の力「忘我」や、キョンシーを操るボス「チョウ導師」などの要素が公開
ディースリー・パブリッシャーは、PS4『お姉チャンバラZ2 ~カオス~』の新情報を公開しました。


『お姉チャンバラZ2 ~カオス~』は、魅力的なヒロインたちが戦うセクシー&グロテスク・バイオレンス剣戟アクションです。本作は、『お姉チャンバラ』シリーズ新章「Z」の新作として登場しており、吸血族の姉妹と忌血族の姉妹が共闘するという展開になっています。

今回は、忌血族の姉妹ふたりの新要素である「忘我」、そして「忌血強化型ヘカトンケイル」や「さやかと杏」といった敵キャラクターが公開されています。

◆新要素「忘我」



「忘我」は、彩と咲が忌血族の力を完全に解放した姿です。以前に公開された神楽と沙亜也の「デア・ドライブ」と同様に、攻撃スピードや攻撃力が上昇し必殺技「エクスタシーコンビネーション」のパワーゲージが常に上がり続けるようになります。

■彩(忘我)

忌血族の伝承でのみ語られていた真の力を怒りによって導き出した彩。暴走状態とは似て非なるもので、彩は自我を完全に保ったまま変身を維持しています。神楽に吸血された際に吸血族の毒素が注入されており、奇しくもそれが忌血を進化させたのかもしれません。


■咲(忘我)

咲もまた、彩との共鳴によって真の力を導き出します。こちらも同じく自我を失うことなく変身を保つことができており、その理由は咲が持つ最も濃い忌血のためか、もしくはかけがえのない彩の存在のためでしょうか。

◆ヒロインたちの前に立ちはだかる敵ボス


■蘇った巨大な屍霊「忌血強化型ヘカトンケイル」

「忌血強化型ヘカトンケイル」は、無数のゾンビの集合体です。他のゾンビとは比較にならないほど巨大な姿をしています。一度は神楽と沙亜也に敗れましたが、体内のゾンビ一体一体はいずれもまだ“生きて”います。また、ヘカトンケイルを構成するゾンビたちに忌血を与えることで、上半身と下半身に確固たる意思を持たせ独立した行動をとらせることさえ可能になりました。

■「強化型ギガース」

名前のとおりギガースをより強くした「強化型ギガース」は、一体のゾンビをひたすら肥大化させ強化した存在です。体内に蓄えた毒素をまめに放出しないと戦闘を続けられないものの、その毒も武器として機能しています。

ただし、忌血の力を宿す戦士たちを4人同時に相手にできるほどの実力は有していません。また、個体としてこれ以上の強化は望めないため、別の魔物の素材とされてしまうこともある哀れな存在でもあります。

■「ゾンビ化クローン・ヘルハウンド」

かつてカルミラが造り出した凶獣ヘルハウンド。エヴァンジュによってそのクローンが生成され、多数の「ゾンビ化クローン・ヘルハウンド」が拠点の防衛にあてられています。忌血による強化実験も行われ、より高い殺傷力を持っています。

■エヴァンジュに召喚された女子高生「さやかと杏」

「さやかと杏」のふたりは、世界中の負のエネルギーが集まる異次元「不浄門」に巣食う屍霊の一種です。若くして殺された暗殺者姉妹(実の姉妹ではないものの、本当の姉妹だと思い込んでいる)の怨念が実体を成したもので、相手に敗れて破壊されるたびに怨念が強まり、今では自我さえ持つように。


さやか(鉄球)の趣味はカラオケですが、機材を見つめていると破壊したくなる妙な性分を持っており、歌い切ったことは一度もありません。杏(爪)は、「他の屍霊を一掃して自分が一番の美少女屍霊になる」という目的を勝手に持っているとのこと。

■中国竹林寺院のボス「チョウ導師」

「チョウ導師」は、山奥の寺院を束ねていた人物です。黒魔術に精通していたため、突然発生した屍霊を自分が召喚したものと思い込むも制御できず、結局は屍霊に殺されてしまいました。そして、キョンシーの制御に万全を期したいと考えていたエヴァンジュは、チョウ導師を屍霊化させることで司令塔としての役割を任せています。

■キョンシー

竹林に出没した異形の屍霊が「キョンシー」です。寺院の僧が内に秘めていた邪念が実体化したもので、従来の屍霊よりもはるかに強力な能力を持ちます。現在は黒魔導師を通じエヴァンジュによって操られていますが、当初はエヴァンジュでも制御が難しかったため、護符で縛ることによりコントロールを容易にしています。

◆パッケージ版とDL版の初回特典DLC



また、初回特典に「バナナ&ストロベリー」コスチュームが封入されるとの情報が公開されていましたが、パッケージ版には「バナナ&ストロベリーX」が、ダウンロード版には「バナナ&ストロベリーY」が特典として付属することも発表されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PS4『お姉チャンバラZ2 ~カオス~』は2014年10月30日発売予定で、価格は6,800円(税別)です。

(C)2014 TAMSOFT (C)2014 D3 PUBLISHER
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

    【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  2. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

    「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  3. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

    『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

  4. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  5. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  6. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  7. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  8. 【PS4 DL販売ランキング】『KINGDOM HEARTS HD 2.8』首位、『ニューダンガンロンパV3』3位ランクイン(1/18)

  9. 『バイオハザード7』特別番組が1月25日に放送―発売直前ならではの秘話も飛び出す…?

  10. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

アクセスランキングをもっと見る