人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】CRI・ミドルウェアはアミューズメント機器向けのソリューションも展示

ゲームビジネス 開発

アミューズメント機器向けの「CRI ADX 7」
  • アミューズメント機器向けの「CRI ADX 7」
  • 機器筐体に直接繋いでサウンド制作ができる
  • AfterEffectで3D編集をするためのソリューション
  • 「CRI Live Act」
ゲーム開発向けミドルウェアを提供するCRI・ミドルウェアは、東京ゲームショウ2014のビジネスソリューションコーナーに多数の製品を展示しました。

中でも目を引いたのは余り紹介されることのないアミューズメント機器向けソリューション。同社広報によれば、ゲームショウには一般的なゲームのみならず幅広い客層があるため、こうした展示を行ったとのこと。

アミューズメント機器向けの「CRI ADX7」はゲーム開発向けの「ADX2」をベースにしたもの。最大の特徴は専用のハードウェアを必要とせずに多彩なサウンド表現が可能になっていること。そのため、PCを専用のケーブルで機器筐体と直接繋ぎ、サウンドデザイナーが実際の発音を確認しながらサウンド制作することが可能となります。

また、筐体から鳴る音は筐体によって差異が出てきます。それをソフトウェア的に音場補正して再生する機能も搭載。こちらは室内音響補正プラグインの「ARC System 2」(IK Multimedia社)と連携が取れるようになっていて、サウンドデザイナーの間で一般的に利用されているソフトウェアとの連携を重視しているとのこと。

既に利用されているソフトウェアを活かしながら、ワークフローを改善しようという「CRI ADX7」。アミューズメント機器ではサウンドは殊更重要なポイントであり、採用は順調に増えているとのこと。

CRI・ミドルウェアではゲーム機以外の組み込み機器向けのソリューション提供にも力を入れていて、一例として、バルミューダ社の空気清浄器やヒーターなど喋る家電の実現に一役買っているとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  6. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  7. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  8. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  9. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  10. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

アクセスランキングをもっと見る

page top