人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ

ソニー PS3

【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
  • 【TGS 2014】7歳の少女がCEOに勝利しちゃった…一撃必殺の緊張感が凄い『ダイブキック』ステージレポ
幕張メッセで行われていた東京ゲームショウ2014のスクウェア・エニックスブースにて「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」レーベルとしてローカライズが発表された『Divekick: Addition Edition(ダイブキック アディション エディション)』のTGS2014大会が行われました。




本作は2ボタン式格闘ゲームとなっており、十字キーやスティック、その他いろんなボタンは一切不要。このゲームに必要な物は「ダイブ(ジャンプ)」と「キック」の2つのみ。ダイブで飛び上がりキックで頭上から襲い掛かり、相手を倒すゲーム内容となっています。

しかも攻撃は「ダイブキック」のみ、ただし全てが一撃必殺。2ボタン制なので難しいコマンドは一切無く、しかも誰がやっても一撃十割。ガードも無し。試合中は前にも後ろにも歩いて移動できず、前へはダイブキック、後ろへは地上でキックを押してバックジャンプで移動し、とにかく一発当てれば勝ちとなります。




本ステージにはローカライズプロデューサー塩見卓也氏、デベロッパーIRON GALAXYのCEOアレックス・ジェベイリー氏が会場に駆けつけ、熱いバトルを繰り広げました。



まずは、両氏によるデモプレイが実施され、その後会場にいるユーザーがアレックス氏に『ダイブキック』で勝負に挑み、見事勝利するとPlayStationカード3,000円分をゲットすることができます。





また参加賞として『ダイブキック』にでてくるキャラクターのオリジナルグッズ(ぬいぐるみ)ももらうことができると分かり、会場のテンションは徐々に高まって参りました。



まずは両氏によるデモプレイ。塩見氏はクン・パオという女性のキャラクターを選択、アレックス氏は自身がモチーフになっているジェフェイリーを選択し、いざ対戦スタート。





結果、アレックス氏が勝利し「予定が重なっているが、そんな事はどうでもいい。俺は勝ち続ける」というかなりニヒルな言葉を浴び、塩見氏は会場のユーザーにリベンジを託しました。



ユーザーがアレックスに挑む前に、たまたまプレイベートで遊びにきていたスクウェア・エニックス社ローカライズ担当の2名が塩見氏と目があってしまい、ステージに登壇。熱い戦いのデモプレイを行ってくれました。



続いて、一般ユーザーが参加しアレックスに挑戦。こちらのユーザーはかなりのダイブキッカーで、初戦でいきなりアレックス氏が負けるかと思われましたが、蓋を開けてみれば、アレックス氏の圧勝。景品として『ダイブキック』のキャラクター人形を手に後壇しました。



次にチャレンジをしたユーザーは生粋の「ダイブキック」初心者。すると自身のキャラクターのみしか使用することが許されていないアレックス氏が別キャラ ザ・バズを選択。雲行きが怪しくなってきました。





結果、初めて『ダイブキック』をプレイしたのにも関わらず、大接戦の末ユーザーが勝利、PSN3,000分とオリジナルグッズをゲットしました。



ちなみに、開始前は『ダイブキック』自体をプレイしたことがある人はほとんどおらず、会場内の人もそこまで多くなかったのですが、イベント内の異様な盛り上がりに引きつけられたのか、気が付くと立ち見がでるほどの人が『ダイブキック』ステージイベントブースに集まっていました。





その後、何戦かプレイをしたあと、ここで思わぬ対戦者が現れました。



なんと、非常に可愛らしい7歳の少女がアレックス氏に勝負を挑むというのです。アレックス氏は大人の対応をとるのか、はたまたプライドを保つため鬼のように少女に襲いかかるのか。会場は固唾を飲んで勝負の行方を見守ります。



プレイ前にアレックス氏は余裕の表れか、少女との記念撮影をぱしゃり。そして、戦いが始まりました。



第1戦でまさかの大人げのない戦いを繰り広げ、会場内からは「Boo!」とブーイングの嵐。それでもアレックス氏は攻撃の手を緩めません…。しかし、少女も操作に慣れてきたのか、試合は予想外の方向に転がり、大接戦を繰り広げます。少女が勝利するたびに会場からは拍手が巻き起こり、アレックス氏が勝利するとこれでもかというほどのブーイングの嵐(笑)。



結果、見事少女がアレックス氏に勝利することができました(PSNカードには喜んでいましたが、参加賞のオリジナルぬいぐるみには苦笑をしていました)。



そして、筆者もステージに登壇し、アレックス氏に戦いを挑みました。『ダイブキック』自体はプレイをしたことがありませんでしたが「ゲーム技術」よりも「読み合い」が重要となる本タイトル。心理戦には自信がありましたので、意気揚々と登壇したものの…。





結果、1勝もすることができず、むなしくステージから姿を消しました。





最後の戦いの為にに登壇したのは、某アニメのコスプレをした美人なお姉さんがアレックスに挑戦。「ゲームは大好き!」ということで、会場の期待も一気に膨らみます。





結果、見事女性が勝利し、本ステージは大きな盛り上がりを見せ、終了となりました。



最後に会場内にいたユーザーみんなで『ダイブキック』ではお馴染みのあのポーズをして、本ステージは幕を閉じました。



ゲーム好きはもちろんのこと、老若男女が楽しめる本タイトル。PS3をお持ちの方であれば、誰でも楽しめる内容となっていますので、プレイをしてみるのもいいかもしれません。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

    【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  2. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

    「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  3. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

    『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

  4. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  5. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  6. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  7. 『バイオハザード7』特別番組が1月25日に放送―発売直前ならではの秘話も飛び出す…?

  8. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  9. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る