人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】4日間の来場者数は25万1832人で歴代2位・・・ファミリーコーナーの来場者は大幅減

ゲームビジネス その他

4日目の会場の様子
  • 4日目の会場の様子
  • 4日目の会場の様子
  • 4日目の会場の様子
  • 入場待機列
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、21日までの4日間、幕張メッセで開催した東京ゲームショウ2014の総来場者が25万1832人で、昨年は下回ったものの歴代2位となったと発表しました。

内訳はビジネスデイの18日(木)が2万7786人、19日(金)が2万8647人、一般公開美の20日(土)が9万2308人、21日(日)が10万3091人となりました。昨年の27万197人は下回ったものの、これは歴代2位の記録だとのこと。

東京ゲームショウの来場者数は本年は前年を下回ったものの、ここ数年増加傾向にあります。その一方、協会の発表によれば子ども連れ向けの展示コーナーであるファミリーコーナーの入場者数は2012年が3万2376人、2013年が2万317人、2014年が1万5196人と年々減少しているとのことで気にかかります。

来年の東京ゲームショウは今年とほぼ同じ日程で、2015年9月17日(木)~20日(日)までの4日間の開催が決定しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

    『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. ヘッドマウントディスプレイを綺麗に使えるVR機器用保護衛生布「ニンジャマスク」登場

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. 「オトメイト」でお馴染み高木亜由美氏が独立、新会社イチカラム設立

  7. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  8. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  9. スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る

page top