人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀

任天堂 3DS

【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
9月21日まで開催される「東京ゲームショウ2014」では、カプコンブースのみにNew 3DSが導入しており、いち早く触れることができます。既に『モンスターハンター4G』のプレイレポートはお届けしていますが、よりNew 3DSにフォーカスしたプレイ感覚をお届けします。

New 3DSの魅力といえば、「Cスティック」と「3Dブレ防止機能」です。まず「Cスティック」ですが、拡張スライドパッドとは異なり、あの凸部分はそれほど可動しません。ですのでパッドやスティックというよりも、限りなくボタンに近い印象。ThinkPadのトラックポイントをさらに硬くした感じで、そのボタンを指で押すことでカメラの視点を変更することができます。

最初は力の入れ方が判らず、的確にカメラを移動させることができませんでしたが、ある程度プレイすれば感覚を掴むことができました。また配置に関しては、「A」ボタンなどから近いため、指の移動がスムーズに行うことができます。

そして「3Dブレ防止機能」ですが、まったくブレを感じずにプレイすることができました。プレイ中に傾ける程度では何の問題もなく、激しく振ったりカメラから顔を隠すと正確に見えなくなりますが、プレイヤーを認識する速度はかなり高速で、その処理が行われてもゲームプレイに支障はありませんでした。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』更新データ「ver1.1.0」配信開始、真鎧玉などがもらえる「ハンター支援セット」も

    『モンハン ダブルクロス』更新データ「ver1.1.0」配信開始、真鎧玉などがもらえる「ハンター支援セット」も

  2. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』はミニゲームも盛り沢山! 『マリオスポーツ スーパースターズ』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』はミニゲームも盛り沢山! 『マリオスポーツ スーパースターズ』にも迫る

  3. 『ポケモン サン・ムーン』世界大会のネット予選に参加すると「バシャーモナイト」などがもらえる!「WCS2017」概要も

    『ポケモン サン・ムーン』世界大会のネット予選に参加すると「バシャーモナイト」などがもらえる!「WCS2017」概要も

  4. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  5. 『スプラトゥーン2』には新たなギアパワーも登場か?ギアおよびギアパワーの情報が一部公開

  6. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』キャラ&ゲームシステム情報などが公開

  7. ニンテンドースイッチに『メタルスラッグ』登場! 3月30日より配信開始

  8. 3DS『FE エコーズ』映像で新要素を紹介─装備品を使い続けて「戦技」を取得、1手単位で巻き戻す「ミラの歯車」など

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. 『モンハン ダブルクロス』見た目と性能を組み合わせる「防具合成」や装備を鍛え上げる「限界突破」など新要素に迫る

アクセスランキングをもっと見る