人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀

任天堂 3DS

【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
  • 【TGS 2014】New 3DSを触ってきた…「Cステック」はボタンに近い感覚で、「3Dブレ防止」はかなり優秀
9月21日まで開催される「東京ゲームショウ2014」では、カプコンブースのみにNew 3DSが導入しており、いち早く触れることができます。既に『モンスターハンター4G』のプレイレポートはお届けしていますが、よりNew 3DSにフォーカスしたプレイ感覚をお届けします。

New 3DSの魅力といえば、「Cスティック」と「3Dブレ防止機能」です。まず「Cスティック」ですが、拡張スライドパッドとは異なり、あの凸部分はそれほど可動しません。ですのでパッドやスティックというよりも、限りなくボタンに近い印象。ThinkPadのトラックポイントをさらに硬くした感じで、そのボタンを指で押すことでカメラの視点を変更することができます。

最初は力の入れ方が判らず、的確にカメラを移動させることができませんでしたが、ある程度プレイすれば感覚を掴むことができました。また配置に関しては、「A」ボタンなどから近いため、指の移動がスムーズに行うことができます。

そして「3Dブレ防止機能」ですが、まったくブレを感じずにプレイすることができました。プレイ中に傾ける程度では何の問題もなく、激しく振ったりカメラから顔を隠すと正確に見えなくなりますが、プレイヤーを認識する速度はかなり高速で、その処理が行われてもゲームプレイに支障はありませんでした。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  3. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

    任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  4. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  5. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  6. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  7. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  8. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  9. 海外ゲーマーが選ぶ「SFC/PS時代の“絶対遊ぶべきJRPG”」とは

  10. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

アクセスランキングをもっと見る

page top