最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?

【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?

2014年9月19日(金) 13時45分
  • 【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?の画像
    【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?
  • 【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?の画像
    【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?
  • 【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?の画像
    【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?
  • 【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?の画像
    【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?
  • 【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?の画像
    【TGS 2014】ブース一面に大量のフリスビー…『RAD Boarding』って何?

東京ゲームショウでは美しいコンパニオンはもちろん、各社趣向を凝らしたネタやイベントが盛りだくさん。そんななか、一面に謎の円盤が置かれたブースを発見したので突撃してみました。

気になる円盤の正体を尋ねると「フリスビーだよ!」と気さくに答えてくれたのは、カナダのインディデベロッパーOther Ocean Interactiveでディレクターを務めるChris Navarro氏。小さく折りたためるフリスビーがブースにところ狭しと並んでいます。フリスビーに印字された『RAD Boarding』というのは現在製作中のiOS、Android向けアプリの新作のロゴとなります。

せっかくということで、実際にゲームを遊ばせてもらいましたが、スマートフォンの機能を最大に活用した非常にシンプルかつ、楽しいゲーム性をもった作品になっていました。

ゲームはボードに乗って坂道を下っていく横スクロールのアクションゲーム。坂道はアップダウンがあり、しっかり加速していると上り坂で大きなジャンプを決められ、画面をタップしたり、スワイプすることで、空中で様々な技を繰り出すことができます。バイクスタントゲームとして高い評価を得ている『トライアルズ』シリーズのボード版をイメージしてもらえると分かりやすいかもしれません。



操作もいたってシンプルで、画面のタップで加速、空中でスワイプするとその方向やスワイプの長さにより、自動で技が繰り出されます。とはいうものの、結構シビアで着地に失敗してもゲームオーバーにはなりませんが、もたもたしていると溶岩のようなものに巻き込まれてゲームオーバーとなってしまいます。

1プレイは1分ちょっとのかなりシンプルな作りですが、その中毒性は侮ることなかれ。進んだ距離と繰り出した技がスコアで表示されるので、繰り返しプレイせずにはいられません。

筆者も何回かプレイしましたがスコア1000の壁を越えられない一方、Navarro氏はサクサクと大技を決めてニコニコしていました。友人と一緒にプレイすると、ますます中毒性は高まりそうです。

ちなみにゲームは基本無料で展開されるということで、その時期も気になるところ。動画などがたくさん投稿されていくと、盛り上がりそうな印象を受けました。

なお、Navarro氏は今回が初めての来日ということで、日本をエンジョイしている様子。「日本は非常にクールだね。毎年来られるように頑張るよ」と話してくれました。

会場内ではフリスビーは遊べませんが、かなりインパクトのあるノベルティですので、ぜひホール5のスマートフォンゲームコーナーにあるブースに足を運んでゲットしてみて下さい。ゲームも完成度が高いので一度遊ぶと間違いなく2回以上はプレイしたくなるはずです!

(Article written by 宮崎紘輔)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング