人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?

任天堂 3DS

【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
  • 【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
  • 【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
  • 【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
  • 【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
  • 【TGS 2014】New 3DSを使って『モンハン4G』の新モンスター「セルレギオス」をプレイ…Cスティックの感触は?
9月21日まで開催される「東京ゲームショウ」のカプコンブースでは、『モンスターハンター4G』を一足早くプレイすることもできたので、そのインプレッションを紹介します。

今回体験できたのは、ドスジャギィ討伐、ダイミョウサザミ討伐、セルレギオス討伐の3種類。筆者はまず、新モンスターであるセルレギオス討伐に挑戦してみました。セルレギオスはステージイベントでも紹介されていたとおり、刃物のような鱗を飛ばして来る攻撃が強力な飛竜。

両脚でハンターを捕まえる高速攻撃など、時に素早く、時に重みのある一撃を繰り出してきます。鱗による攻撃を食らってしまうと裂傷状態になり、激しい動きをするとみるみる体力が減ってしまいます。裂傷状態はこんがり肉を食べることで治るものの、言うまでもなくアイテムは有限。鱗はできるだけ回避したいところです。なお、セルレギオスは上級者向けのクエストとあって、なかなか倒すことができず、残念ながら時間切れとなってしまいました。

続いては4人でのマルチプレイで、ダイミョウサザミに挑んでみることに。ダイミョウサザミといえば『モンスターハンター2』などに登場したモンスターで、今回は久しぶりの復活となります。筆者もかつて激闘を繰り返したことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。こちらは中級者向けのクエストで、しかも4人でのプレイということもあり難なく討伐に成功。久しぶりの対戦とはいえ、動きを覚えていたことも功を奏しました。

ちなみに今回設置されている試遊台は、すべて10月11日に発売を迎えるNew 3DSで楽しめ、るTGS2014ではカプコンブースでのみNew 3DSに触れることができます。本作とNew 3DSの相性は抜群で、Cスティックで違和感なく視点変更を行えます。また、3Dブレ防止機能も快適で、激しいアクションゲームである本作を長時間プレイしても、目が疲れることはまったくありませんでした。
《ユマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  2. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

    海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  3. 【3DS DL販売ランキング】『ポケモン ムーン』トップ奪還、『ブレイブダンジョン』5位へ浮上(12/8)

    【3DS DL販売ランキング】『ポケモン ムーン』トップ奪還、『ブレイブダンジョン』5位へ浮上(12/8)

  4. 『めがみめぐり』ツクモがベルダンディーに!? 漫画やボカロ、ハッカドールとのコラボが続々判明…鉄道関係とのタイアップ衣装も

  5. 『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

  6. 3DS『ぷよぷよクロニクル』アルル・アリィの声が変更できる「みさちあボイス」無料配信!

  7. 『ポケモン』「モンスターボール」デザインのリングが登場、スーパーボール・マスターボールに付け替えも可能

  8. 『スーパーマリオラン』にはルイージやヨッシーも登場!ゲーム紹介&ティザー映像が公開

  9. 3DS『めがみめぐり』発売・配信開始、サンタやナマハゲなど期間限定衣装・イベントの情報も

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top