最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「Apple Watch」発表の14年前、腕時計とインターネットの連動を「セガ」は“先取り”していた

「Apple Watch」発表の14年前、腕時計とインターネットの連動を「セガ」は“先取り”していた

2014年9月11日(木) 17時06分
  • ドリームキャストの画像
    ドリームキャスト
  • 2000年に発売されたアクセス機能付の時計の画像
    2000年に発売されたアクセス機能付の時計

アップルが米カリフォルニア・クパチーノにて、腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」を発表し、大きな話題を呼びました。

「Apple Watch」はiPhoneやiPadといったiOS8を搭載可能な製品と連携し、iOS端末で受信したメッセージやメールのみならず、天気や地図といった情報を表示させることができます。腕時計型となっているため、身に着けることで気軽に様々な情報にアクセスできる利便性などに注目が集まっています。しかし今を遡ること14年前、セガはドリームキャストを介する形で、ウェアラブルによるインターネット構想を提示していました。

2000年2月にセガが発表したリリースによれば、RFID(非接触型記憶チップ)を内蔵した腕時計「Swatch Access」と「ドリームキャスト」を連動させることで、指示されているインターネットサイトへのアクセスを可能とするといったものでした。また「Swatch Access」の内部デ-タは読み書きが可能なため、ゲ-ムなどの各種エンタ-テイメントとの連動や、各種交通機関・アミュ-ズメント施設・イベント・スキ-場等の各種施設を利用する際のサイバ-パス(チケット)としての可能性に関しても触れています。

こういったサービスの形態は、ご存じの通り様々な形で実現しています。当時考えられていた構想は正しく、まさに時代を先取りしたセガの挑戦だったと言えるでしょう。アップルより14年も前に、腕時計とインターネットを繋げたセガ。その柔軟な発想力は、今後もその発展に活かされていくことでしょう。

(C)SEGA

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

その他アクセスランキング