人生にゲームをプラスするメディア

【スマブラ特集】知ってました?『スマブラ』シリーズにおける小ネタ集

任天堂 3DS

【スマブラ特集】知ってました?『スマブラ』シリーズにおける小ネタ集
  • 【スマブラ特集】知ってました?『スマブラ』シリーズにおける小ネタ集
『スマブラ』シリーズは作りこまれているゲームだけあり実にさまざまな要素がありますが、それ以外にもシリーズの歴史や構成の上で発生したこぼれ話も多いです。そのため今回は、『スマブラ』シリーズから一部の小ネタをご紹介します。

『スマブラ』ファンならほとんど知っていると思われますが、はじめて『スマブラ』をプレイするという方は、ぜひともシリーズの雰囲気を知るための参考にしてください。

◆キャラクター編


■キャプテン・ファルコンの「ファルコンパンチ」は『スマブラ』オリジナル技。


キャプテン・ファルコンの使う有名な技である「ファルコンパンチ」ですが、実は『スマブラ』オリジナルの技です。アニメ「F-ZERO ファルコン伝説」でも使われていますが、『スマブラ』からの逆輸入になっています。

また、ネスも原作では「PKファイア」や「PKサンダー」を使うことができないのですが、あっさり使っています。ネスは同じゲームのキャラクターであるポーラから技を教わったというような説明が用意されていますが、本当のところは『スマブラ』というゲームをより面白くするためのカスタマイズなのでしょう。あまりにも原作を尊重しすぎてしまうと、そもそも『スマブラ』が成り立たなくなってしまうと思われます。

■ファイターの各カラーには意味があることも。


『スマブラ』シリーズでは、同じファイターでも違う色が4種類(3DS/Wii Uでは8色)が用意されています。まったく同じでは見分けがつかないため違う色が用意されているわけですが、そこには意図が込められていることも。

たとえば、マリオはファイアマリオのようなカラーが用意されていますし、カービィは原作でコピー能力を使っている時のカラーが再現されています。もちろんすべてが何かを再現しているわけではないのですが、どうしてそんな色になったかと考えてみるのも楽しいですよね。

■初代『スマブラ』でもサムスの中身が見える!


今やすっかり登場ファイターとして定番となった「ゼロスーツサムス」ですが、初代『スマブラ』ではまだふつうのサムス(パワードスーツ装備のサムス)しかいませんでした。しかし、ピカチュウの電撃攻撃などを食らうと中身が見えます。

◆システム編


■「最後の切りふだ」は、実は初代から考えられていた。


『スマブラX』ではじめて登場したアイテム「スマッシュボール」は、取得すると「最後の切りふだ」というとても強い技が使えます。このシステム、ディレクターの桜井氏はなんと数年前の初代『スマブラ』から考えていたというのだから驚きです。

その証拠として、初代の時に収録した「最後の切りふだ」用の音声が『スマブラX』で使われているとのこと。実際にどのファイターで使用されたかは明かされていませんが、桜井氏はずっと前から『スマブラ』の具体的な理想型をイメージしていたのですね。

■カービィは『スマブラ』に登場したが、逆に『スマブラ』からカービィに登場した要素も。


『星のカービィ 鏡の大迷宮』には「スマブラ」というコピー能力があります。中身はもちろん、スマブラで使える技(ファイナルカッターやストーンなどが同時に使えるもの)です。

これは『星のカービィ』シリーズのコピー能力が『スマブラ』に持ち込まれ、更にその『スマブラ』で再現された能力が『星のカービィ 鏡の大迷宮』に逆輸入されたものです。ちなみに、マスターハンドやクレイジーハンドも中ボスとして登場しています。

■『どうぶつの森』シリーズの主人公「むらびと」は参戦しないはずだった。


『スマブラX』のころ、桜井氏は『ニンテンドッグス』の犬や『どうぶつの森』シリーズの村人は、参戦させないつもりでした。こういったキャラクターは戦いに向かないのですが、しかしそれでも『スマブラ』に出したいと考えた結果、アシストフィギュアというシステムが産まれたわけです。

しかし、『スマブラ for 3DS』では「むらびと」が参戦しています。矛盾しているようにも思えますが、これもおそらく『スマブラ』をより楽しむするために考えを変えたのでしょう。実際、『スマブラ for 3DS』に登場する「むらびと」は戦いが向かないどころか、歴戦の戦士のような雰囲気を感じさせる瞳をしています。それなら参戦しても大丈夫ですよね。

◆そのほか


■海外版の初代『スマブラ』CMはものすごいバイオレンス。


海外版の初代『スマブラ』のCMは、なんだかおぞましいものになっています。はじめは、きぐるみのマリオ・ヨッシー・ピカチュウ・ドンキーが手を繋いで歩いているものの、マリオがほかのキャラを転ばせた瞬間、いきなりバトルがはじまります。

そして、マリオはドンキーに腹パン、ピカチュウは吹き飛び、ヨッシーはドンキーをハンマーでガツンと殴る……、という『スマブラ』らしいCMではあるのですが、穏やかなBGMもあいまってなんだか余計に怖く見えます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ほかにも、『スマブラDX』におけるメタルマリオのフィギュアにヨースター島のようなものが写りこんでいたりと、とにかく『スマブラ』にはたくさんの小ネタが存在しています。みなさんもご存知の小ネタがありましたら、ぜひコメントで教えてください。

【訂正】
『スマブラX』には桜井氏の愛猫が登場しているというネタは誤りでしたので、訂正と共にお詫びいたします。
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  4. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  5. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  8. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  9. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  10. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

アクセスランキングをもっと見る

page top