人生にゲームをプラスするメディア

“今日も一日がんばるぞい!”で話題の「NEW GAME!」、第4刷も品薄に…その人気の秘密とは

その他 全般

“今日も一日がんばるぞい!”で話題の「NEW GAME!」、第4刷も品薄に…その人気の秘密とは
  • “今日も一日がんばるぞい!”で話題の「NEW GAME!」、第4刷も品薄に…その人気の秘密とは
  • “今日も一日がんばるぞい!”で話題の「NEW GAME!」、第4刷も品薄に…その人気の秘密とは
今話題の「NEW GAME!」という漫画をご存知でしょうか。「NEW GAME!」は、芳文社の「まんがタイムKRコミックス」で連載されている得能正太郎氏の4コマ漫画で、ゲーム会社で働く女の子たちの物語です。主人公は18歳の女の子で、キャラクターデザイナーとしてゲーム会社「株式会社イーグルジャンプ」に入社。その日常が描かれています。

発売自体は今年の2月でしたが、ネット上に「今日も一日がんばるぞい!」という1コマが流れて一躍話題に。その効果は店頭にまで及び、殆どの書店で品切れとなりました。その後も重版を繰り返しますが、その度に完売し、ネットでは3,000円前後での転売も見受けられます。それに対して作者の得能正太郎氏は、「転売を調子づかせないように」と警告。併せて第4刷が8月末に発行されることが告知されていました。


ところが、その第4刷すらも即座に完売するという事態に。都内では9月頭に入荷したようですが、電話で在庫を問い合わせてみると「あ、すみません完売しました」と多くの店舗で即答されました。


またAmazonも同様に完売し、今現在は「通常2~3週間以内に発送します。」というステータスに。その影響か、コミック・ラノベ・BL の ベストセラーで「ONE PIECE 75」に次いで2位にランクインしています。


その現象は、当時の「けいおん!」に近いものを感じますが、なぜここまで人気なのでしょうか。

◆ポイント1:絵が可愛い
パッと表紙を見た時の印象は、「絵が可愛い」でした。いわゆる萌系のイラストであり、4コマとの相性は「まんがタイム」の作品たちが証明しています。

◆ポイント2:ゲーム会社を舞台にしている
デジタルゲームを題材とした作品に「ハイスコアガール」や「(大)東京トイボッス」がありますが、デジタルゲームは極めて珍しい題材です。また「(大)東京トイボッス」と異なるのは、登場人物が女性だけで、ゆるいという点です。

◆ポイント3:ゆるいが「お仕事漫画」として確り描いている
可愛い絵とゆるい空気なのに、ゲーム開発の現場が確りと描かれている。それが最大のポイントです。ネタも“日常”から“あるある”まで幅広いだけではなく、その落ちが“ほのぼ”のしているため、業界ネタとギャグネタの両方を一緒に堪能することができます。また、主人公が新人ですので、仕事に対する姿勢や失敗談、そして成長の過程を楽しむことも。


「NEW GAME!」はまだ1巻が発売されたばかり。その冒頭は公式サイトにて試し読みができますので、興味を持たれた方は、まずはそちらをご覧ください。

「NEW GAME!(1)」は好評発売中で、価格は885円(税込)です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  10. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

アクセスランキングをもっと見る